ホーム(ieji.org) >

<   2006年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧
北の盆地から望む南アルプス
c0001491_230315.jpg
もともとディジカメで撮影した絵は、上のような結構「眠い絵」になっているのですが、
 ①EPSON製のPhotoshopプラグインで色補正し
   (本来は印刷用ですがそうでなくても使える)、
 ②明るさの補正をし、
 ③鮮鋭化フィルターをかけてシャープにする。
と、下の絵のようにパリっとした印象になります。
c0001491_2304447.jpg
左が仙丈ヶ岳、中央が赤石岳(3120m、日本第7位)。山の向うは静岡県であります。

1/23 14:16
[PR]
by kokoro-no-iede | 2006-03-08 23:01 | Rural Life
回鍋肉(ホイコウロウ)
c0001491_19273344.jpg
上はデジカメで撮影。

下は携帯電話での撮影。ちゃんとマクロモードにしたのに、ボケっとしてしまりのない絵になってしまいました。一生懸命レタッチして、やっとこんな感じです。画素数は少なくてもちゃんと撮れる携帯電話がある一方で、画素数の多さでカタログを飾りながら実体は「もうちょっと何とかならないのか」という機種もあるのであります。
c0001491_19274542.jpg
昼食にコンビニ弁当ばかり食べていると、味の濃いものに舌が慣れてしまうので、たまには外食組と一緒に食べに出ることにしました。せっかくだからと新規開拓したお店は、中国人が料理をしていると噂の中華料理の店でした。
日替わりランチは回鍋肉680円。
いわゆる食堂の定食と違って、本場の料理人の作る回鍋肉はラー油がたっぷり使ってあってピリ辛であり、みそ味がきいていておいしかったです。
って、全然薄味じゃないぞ。

> ひいらぎさん、何でどもるんですか?

ご、ご、ごめんなさい。

> 『お父さんは心配性』と言うコミックを思い出しました。

幸田シャーミン・・・じゃなくって、岡田あーみんのデビュー作ですね。さくらももこと同年代。残念ながら、酒代のために古本屋に売り払ってしまいました。

> 今度は「ひいらぎさんちみたいよ。」と贈ります。

うーん、笑へない。

> ひいらぎ家の十年後のご多幸をお祈りいたします。

10年経っても新幹線が通る気配はないですから、お父さんは心配であります。

3/6
[PR]
by kokoro-no-iede | 2006-03-07 19:30 | Dinner table
ハムスターハウスの掃除をする父
c0001491_2148369.jpg
娘たちよ、真実を知っても、いつまでも「パチンコ屋だ」と言ってパパを安心させておくれ。

上手な家庭運営の秘訣は、「旦那が上手に女房の尻に引かれていること」だそうであります。
四コママンガ「となりの山田君」(だったかな)に、お母さんがお父さんの好物のキンピラゴボウを月に一回だけ作るという話がありました。「そんなお手軽なものだったら、もっとしょっちゅう作ってあげればいいのに」と言う子供に対し、お母さんが「ばかね、たまに作るからありがたがるんじゃないの」と笑うのでありました。
トンカツだって毎日喰ったらすぐ飽きるのですが、男はそのことを理屈で理解しているだけであります。

所詮男は女に夢を見てしまう動物であります。狩猟時代、狩りに出た男がヨソではなく自分のところへ帰ってくるように女は進化したのであります。それから何十万年にも渡って磨かれた手練手管に男が敵うわけもありません。時代が移って、肉を持ち帰る代わりに、給料が口座に振り込まれるようになっただけの違いであります。
男たちは集まって、どうやって部族の狩猟地を増やすか、どうやって会社の業績を上げるか相談をするのが関の山。女がちょっと化粧しただけで喜び、同じくちょっと化粧しただけで怒るのであります。
「女は純真だという夢を見ていたほうがシアワセ」というのと同義かもしれません。


> 私もパチンコ屋さんにしか見えませんでした。
> うちの未成年もたしかにパチンコ屋に見えると言っています。

こ、心の綺麗な人にはパチンコ屋に見え、心の汚れた大人にはラ○゛・ホテルに見えるとか。

若い頃、「全然仕事ができていないじゃないか」と叱責されて、「バカには見えないプログラムでございます」と言ったら、その後30分ぐらいこんこんと説教されました。

3/4 1:14
[PR]
by kokoro-no-iede | 2006-03-06 21:49 | Miscellaneous
アメコミ・スタイル
c0001491_16461965.jpg
アメリカン・コミック・ガール・コンセプチャル・ホテル、なんだそうです。

娘たちは、この国道ぞいにある建物を「パチンコ屋」だと信じています。
娘たちよ、なかなかイタい勘違いだな。でも、いつまでもそのように純真であって欲しいと、お父さんは願っているぞ。でも、いつまでもそれじゃ困るか。


> 男性は恋人の名前を娘につけたがり、女性は恋人の名前を息子にはつけない・・・
> 男女の間の越えられない「深くて暗い川」でしょうか。

いやさすがに娘には付けていない・・・と言い訳しようとしましたが、初恋の人の名前をノートパソコンに付けている自分を発見しました。
特徴のある名前なのでGoogleってみると、学会発表のアブストラクトがごろごろヒットするのであります。相変わらず象牙の塔にいらっしゃるらしい。
かのように男は初恋の人を忘れないのであります。

2/25 16:07
[PR]
by kokoro-no-iede | 2006-03-05 16:46 | Miscellaneous
また雪だったりして
c0001491_0162680.jpg
c0001491_0163544.jpg
暖かいからすぐ解けちゃいますけどね。
明日も雪が降るという予報であります。そして週末から来週は春の陽気。

デジカメの解像度不足。やっぱり一眼レフが・・・。


> 小さいから、「ちーくん」なのかしら

「ちーくん」と「ハムちゃん」は娘の命名です。


> ハムちゃんズは確実に増えていくようですね。

モルモットは2代目で、ハムスターは3代目です。それぞれ我が家にいるのは常に一匹です。思い出だけが増えていくのであります。

ゴールデンハムスター→ジャンガリアンハムスターが正解でした。

> 大きくなり場所をとり母親に似て口うるさくなるもの

そうしてやがては他の男にくれてやることになるか・・父親にとって娘とは永遠の片思いの相手のようなものでありますな。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2006-03-03 00:17 | To get profit