人気ブログランキング |

ホーム(ieji.org) >

カテゴリ:未分類( 34 )
なぜ人類のIQは上がり続けているのか?
c0001491_00302802.jpg
なぜ人類のIQは上がり続けているのか? ――人種、性別、老化と知能指数
ジェームズ・R・フリン/著
水田賢政/訳

先進諸国では、20世紀を通じてIQの平均値が大きく上昇する現象が見られ、発見者の名前をとって「フリン効果」と名付けられました。これは、そのフリン教授の本。彼は人種や性別で知能に差は無い、という立場の人です。


by kokoro-no-iede | 2019-08-09 00:00
東日本「公共の宿」厳選ベストガイド
c0001491_12333381.jpg
東日本「公共の宿」 厳選ベストガイド
カルチャーランド/編

一泊二日のビッグブック・スタディを東京近辺で行おうと思い、会場を探すために購入。

by kokoro-no-iede | 2019-03-10 12:34
Big Bookスタディ in 安曇野(その2)
c0001491_22474772.jpg
一夜が明けて、朝の黙想のために集まりました。
c0001491_22480154.jpg
朝御飯。
c0001491_22481458.jpg
お昼までスタディをやって、現地解散。わずか3~4人で、30人近い参加者を迎えての一泊二日のイベントを無事終えました。これもイベント開催慣れしている人たちだからか。皆さんお疲れ様でした。

終了後は、松本駅まで妻を送り、僕は実家へ。写真は途中で指定席予約のために立ち寄った豊科駅。

7/17 6:53, 8:01, 15:20
by kokoro-no-iede | 2017-05-12 22:49
GAのセミナー
c0001491_22192836.jpg
GAのセミナーにゲストスピーカーとして呼ばれました。どんな話をすればいいのか、と尋ねたら、体験談をということでした。だったらAAメンバーとして呼んでくれたほうが、話は楽なんですが・・・。まあ、与えられた条件の中で、何だってやらなくちゃなりませんからね。
c0001491_22193445.jpg
c0001491_22193866.jpg
5/8 12:25, 14:49
by kokoro-no-iede | 2017-01-13 22:20
寝る前のケーキ・13
c0001491_1529352.jpg
福岡から戻った翌日も仕事。休みがないのが辛い。駅前のマンスリースイーツ(月替わりでスイーツ店が入るところ)でロールケーキを買って帰りました。

11/24 23:00
by kokoro-no-iede | 2016-04-12 15:29
バースディメダル
c0001491_053121.jpg
メダルに刻まれた "TO THINE OWN SELF TO BE TRUE" は、シェークスピアの悲劇ハムレットの中の台詞だそうです。今の英語にすれば to be true to yourself - 自分にウソをついてはいけない。AAでいう正直さとは、他者に対する正直さではなく、自分自身に対するものだということを、この台詞は代弁してくれています。

ホームグループを移して1年あまり。新参者の僕のためにバースディミーティングを開いていただきました。皆さん、ありがとうございます。あまりグループのためにお役に立っていませんが、これからもお世話になります。

5/13 21:00
by kokoro-no-iede | 2015-07-17 00:54
福岡・北九州へ(その18)チャチャタウン
c0001491_23393852.jpg
チャチャタウンというショッピングモールで晩御飯の買い物。
c0001491_23393717.jpg
つぶらなカボス・・もう一回飲みたいかも。

11/23 19:50, 11/24 1:32
by kokoro-no-iede | 2015-02-05 23:39
秋晴れ
c0001491_21405970.jpg
このブログは一時期現実から5ヶ月遅れぐらいになりましたが、このところ3ヶ月遅れぐらいまで追いついてきています。理由は僕が写真を撮影する枚数が減ったからです。あんまり出歩かなくなったので撮影する機会が減り、自家用車ではなく徒歩と公共交通機関で移動するようになって、荷物を軽くするためにカメラを常時持ち歩かなくなったせいです。

9/28 8:18
by kokoro-no-iede | 2014-12-19 21:41
霜柱
c0001491_2334977.jpg
c0001491_2325712.jpg
3月初旬、通勤のためバスを待っていたら、バス停隣の畑に霜柱が立っていました。

3/8 8:09
by kokoro-no-iede | 2014-08-06 23:04
Southへ(その18・セレニティパーク5)
c0001491_13523661.jpg
ジョーのスポンサー(チャーリー・Pとは別人)。
c0001491_13523759.jpg
研修2日目。まず黒板を使って前日の復習から始まりました。右の方にデモーンさんが描いた「大型客船」の絵が見えます。僕が説明するときに描く大型客船と同じレベルです^^
c0001491_13523616.jpg
アーカンソー・デモクラット・ガゼット紙が伝えたジョー・マキューの訃報。
c0001491_13523712.jpg
お昼休み、お昼ご飯の準備ができるのをソファーで待つIさん。脇に資料の束を積み上げています。
c0001491_13523744.jpg
お昼ご飯はフィッシュフライでした(アーカンソー名物ですものね)。前日と同じように生野菜がたくさんでした。一緒に研修を受けていたルイジアナの施設長のおばあちゃんが、「日本人は野菜をよく食べるわね」と言うので、おばあちゃんの皿を見たら野菜が一つも乗っていませんでした。ご立派。

アフリカのガーナにこのプログラムを導入する話が進んでおり、セレニティ・パークにガーナ人が滞在していました(わざわざ僕らの所まで呼び出してくれました)。数年前にIさんが単身ここに滞在していたのと同じでしょうか。まあ日本もガーナも似たようなものか。ラリーさんは「ガーナで人に恨まれると、呪術師に依頼されて呪い殺されちゃうから大変なんだよ」とジョークを飛ばしていました。あとで、ネットで検索してみたら、Hopeful Way Ghanaという施設のようです。
c0001491_13523840.jpg
教室全景。「学ぶ場所」という雰囲気がありますよね。
c0001491_13523839.jpg
Tさんに記念写真を撮ってもらいました。背景には例の「We are born for one purpose...to help one another」。

6/25 10:13, 10:14, 12:12, 12:13, 12:26, 14:42, 14:45
by kokoro-no-iede | 2013-09-11 13:53