人気ブログランキング |

ホーム(ieji.org) >

台北旅行記(その8)

c0001491_235675.jpg日本でおなじみのコンビニも、たくさんあります。セブンイレブン、全家便利商店(ファミリーマート)、福客多商店(ニコマート)、OK便利店(サークルK)など。
いつからだったか、コンビニ袋が有料になりました。政府が環境保全のために法律で決めたのだそうです。1枚1元です。袋が欲しい場合は、会計の終わった商品を人差し指でぐるぐる囲むと売ってくれます。セブンイレブンで買った袋を全家便利商店へ持って行っても、文句は言われませんでした。
確かに、コンビニ袋に包んで捨ててあるゴミは減った気がします。日本でもコンビニ袋1枚10円とかにしてしまえばいいのにね。


日本の敗戦によって台湾は中国に返還されることになります。当時大陸を優位に支配していたのは、辛亥革命で清朝を倒した国民党政府でありました。台湾の人々は祖国復帰を喜んだものの、台湾統治にやってきた国府軍(国民党軍)は士気が低く、略奪などを行ったために人気を失います。「狗去豬来」という言葉は、犬=日本人が去って豚=国民党が来た(犬は吼えてうるさかったがまだ番犬として役に立った、豚は食うばかり)という当時の言葉だそうです。
日本統治時代は家に鍵をかけずに寝られたものが、戦後は鍵をかけ娘を一番奥の部屋に隠さねばならなかったという伝承は、誇張があるのか真実であるのか・・・。

(4月28日21時半)
by kokoro-no-iede | 2005-05-06 23:04 | To get profit
<< 台北旅行記(その9) 台北旅行記(その7) >>