ホーム(ieji.org) >

曇天(ふたご座流星群)
c0001491_2038536.jpg
地方都市と入っても、我が家のある街の空はかなり明るいです。
薄明が過ぎてもまだ暮れ残りのように空が明るいのは、街の光が空中の塵を照らした反射です。その光は夜が更けて、人々が明かりを消していくにつれて暗くなっていきますが、夜半ぐらいからはもうそれ以上暗くなりません。
よく晴れた日でも、我が家の屋上から見られる星の明るさは3等星がぼちぼちといったところです。
一昨年のしし座流星群では、こんな明るい空でもたくさんの流星をみることができました。それだけすごい流星群だったということでしょうね。

実家のあるところはかなり暗いところで、数百メートル離れた県道の街灯の光が、土蔵の白壁に自分の影を映しているのが見えるほどで、もちろん6等星が見えます。

さて、ふたご座流星群でも見ようかと屋上に上がってみたものの、曇り空でした。晴れ待ちしてみるものの一向に晴れる気配がありません。うす曇りなので、明るい流星が雲を貫いて姿を見せてくれるかと思いましたが、残念ながらひとつも見えませんでした。

翌日の午前中、職場の机で、すっかり舟をこいでしまいました。
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-14 14:28 | Rural Life | Trackback | Comments(1)
イチゴ(その2)
c0001491_222373.jpg
ちなみにこの場所は「雪捨て場」。
庭に積もった雪を捨てる場所です。
雪が触れたイチゴの葉っぱは茶色く枯れてしまいます。
でも、春になると枯れていそうな株からも元気に芽が伸びます。
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-13 22:02 | Strawberry | Trackback | Comments(1)
病院への道すがら
c0001491_004479.jpg
寝坊をしたので、財布を持たずに飛び出してしまいました。
高速道路はETCがあるから良かったけれど、朝も昼も食べてないのに、食事ができませんでした。帰りのパーキングエリアで、そばのダシのにおいがたまりませんでした。ああくそ、思い出したら食べたくなってきた・・・。
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-13 00:01 | Alcoholics Anonymous | Trackback | Comments(0)
イチゴ(その1)
c0001491_1234955.jpg
去年の冬に、イチゴをプランターで買い求めました。3株入っていて1,500円でした。
ベランダーに置いておいて、こまめに水をやっていたら、最初の年に数個の実を食べることができました。
ランナー(つる)が伸びて株が増えたのを鉢に植えていたのですが、増えすぎたので地面に下ろしました。手前のアスファルトと奥のブロック塀のわずかな地面いっぱいに、イチゴが広がってしまいました。
今年は大小あわせて30個ぐらい収穫できたのですが、ナメクジに食われて半分しかないような実もたくさんありました。ろくに手入れもしていないので「栽培している」というのとはちょっと違うかもしれないです。

次はキウイフルーツでも試してみるつもりです。
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-12 01:00 | Strawberry | Trackback | Comments(2)
酒精石
c0001491_2355834.jpg
紫色は鉄のイオンの色なのだそうです。
そういえば、中学生のとき化学の実験で、鉄を使って紫色の液体を作ったような気がします。
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-09 23:57 | Trackback | Comments(3)
白樺湖
c0001491_0372841.jpg
今年秋のラウンドアップの地、白樺湖を再訪しました。
あいにくの雨で、雲が垂れ込めていました。

峠の駐車場の売店の「きのこ汁」がお気に入りです。
なべの中であったまっているのを、プラスチック製の御わんによそってくれます。

もっとも、きのこは地元のものではなさそうですが・・・。

(前のディジカメの写真なので、発色が悪いかな)
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-09 00:17 | Rural Life | Trackback | Comments(1)
広角レンズ
c0001491_184458.jpg
コメントありがとうございます。

僕の使っているカメラは「コンパクトデジカメ」と呼ばれるタイプで、レンズの交換ができません。その一本きりのレンズは3倍ズームであります。
35mm式のフィルム式一眼レフカメラに換算すると、広角側ではf=35mm、望遠側では105mmです。

カメラの電源を入れると、胴体に沈んでいたレンズが「にゅいーん」と出てきて、一番広角にあわさります。普段はズームせずにそのままシャッターを切っているので、一眼レフで言えば35mmレンズで撮っているのと同じことであります。

◆ ◆ ◆


さて、写真はクィーンズスクエアという名前のショッピングモールに毎年出現するツリーであります。
室内とはいえ、昼間のクリスマスツリーはちょっと「くすんで」います。夜になるときれいなんでしょうけどね。

(みなとみらい21編終わり)
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-02 18:00 | To get profit | Trackback | Comments(0)
国際会議場
c0001491_2323859.jpg
まだまだ続く、みなとみらい21編。でも、文章はまるで関係がありません。

例えば感染症にかかりやすい体質というのがあって、これが遺伝するとします(仮定の話です)。親が感染症にかかりやすいと、子供もかかりやすくなるわけです。
また、血液型というのも遺伝します。

たとえば、血液型A型の遺伝子と、この感染症にかかりやすい体質の遺伝子がとても密接に関連していたとします(仮定の話)。すると血液型A型の人は感染症にかかりやすくなると考えられます。

さて、仮に血液型A型の人は「きれい好き」だとしましょう。清潔な服を着て、手も良く洗い、身の回りも良く片付けます。外で人と話をした後はうがいを欠かさない・・・。感染症からみを守るには、きれい好きなのは有効です。

でもひょっとしてそれは、A型の人にはもともと、きれい好きでない人もいたのかもしれません。しかし、きれい好きでない人は、感染症にかかりやすかったために子孫を残すチャンスが少なく、きれい好きでない遺伝子を残せなかったのかもしれません。

こう考えると、血液型と性格の話も、科学的に説明が・・・つくわけがない!
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-02 17:00 | To get profit | Trackback | Comments(1)
観覧車
c0001491_22201396.jpg
みなとみらいのコスモワールドの観覧車です。

今年は(記憶にある限り)生まれて初めて観覧車に乗りました。

改めて自分が「高所恐怖症」であることを思い知らされました。

そういえば、子供のころから青年のころ(つまりアル中になる前だ)は、よく「屋根から落ちる夢」を見ました。落ちた瞬間「あ~っ」と思って目が覚めるやつです。いったいあれに、どんな意味があったのか・・・。
飲んだくれるようになって、そういう夢は見なくなりました。そして、飲まなくなってもそれは復活しません。
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-02 16:00 | To get profit | Trackback | Comments(1)
みなとみらい駅
c0001491_2322095.jpg
いつのまにか「みなとみらい線」なんてものが開業していていました。
クィーンズスクェア地下3階に、大きな空間。
「みなとむらい」ではないよ。
[PR]
# by kokoro-no-iede | 2004-12-02 14:42 | To get profit | Trackback | Comments(2)