ホーム(ieji.org) >

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
台北へ(その27)茶藝館「春茶郷」
c0001491_112180.jpg
このブログは「現実から約3ヵ月遅れ」を謳い文句にしていたのですが、もはや半年以上遅れるようになってしまいました・・・が、かまわず続けます。

さて、ロープウェーが運休だったのでタクシーで猫空の山の上に向かった僕らは、開いている店を探すことになりました。雨の中を10分ほど歩くと、開いている茶藝館が見つかりました。店の名は「春茶郷」。観光向けではない、地元の人向けの店。

言葉は通じませんが、若い店主がジェスチャーで「食事か茶か」と聞いてきた(たぶん)ので、「ティー」と答えて席へ。漢字のメニューを見て適当なお茶を頼みました。すると、こんな素朴な茶器一式が出てきました。カセットコンロと薬罐でお湯を沸かしているという。
c0001491_112473.jpg
やり方が分からないので、店主にやってもらいました。
c0001491_112897.jpg
濃い、そして爽やかな香りのするお茶でした。
c0001491_1121758.jpg
茶畑の向こうに、台北市内の景色が見える・・・はずなのですが、雨で煙って見えません。晴れた夜なら、さぞかしきれいな夜景が見られることでしょう。雨の音を聞きながら、妻と30分ほどのんびりお茶をしました。溜まったストレスが溶けていくように感じました。
c0001491_1122291.jpg
お茶の入れ方は日本語の説明があったのですが・・・いくら機械翻訳とはいっても、これでは意味不明。
c0001491_1122651.jpg
にっこり笑顔の妻。
c0001491_1123059.jpg
店主が帰りのバスの時刻を紙に書いてくれました。棕15線。お礼の言葉は「シェシェ」で良かったのかな。
c0001491_1123470.jpg
茶藝館では、お茶と菓子(もしくは食事)をセットで頼むものなのだそうですが、僕らは台北101でお昼を食べたばかりだったので、お茶だけ。
c0001491_1123839.jpg
びろびろーん、と広がった茶葉。
c0001491_1124226.jpg
お茶を飲んでいるうちに、雨が上がって明るくなってきました。右の方にうっすら見えるビルは台北101。右奥にうっすら見える山が陽明山。左奥に見える山が観音山。その間を流れているのが淡水河。いつか北投(ペイトウ)の温泉に行ってみたいものです。

(陽明山では今年1月に60年ぶりに雪が降ったとか)。
c0001491_1124587.jpg
バスで下山。小さなバスでした。

11/30 14:30, 14:31, 14:33, 14:36, 14:39, 14:59, 15:00, 15:02, 15:05, 15:24
[PR]
by kokoro-no-iede | 2016-06-29 01:16 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
台北へ(その25)猫空纜車
c0001491_23543686.jpg
猫空ロープウェーの駅。猫空は現地の読みで「マオコン」。ロープウェーで、台湾茶の産地である猫空を目指すことにしていました。駅の前に止まっているタクシーの運ちゃんが大声で何か言っているけれど、無視して駅へ向かったのですが・・・。
c0001491_2354393.jpg
猫空小精霊・・・以前はハローキティがマスコットキャラクターだっとか。でも、これもかなりプロフェッショナルなデザインじゃないですか。
c0001491_23544159.jpg
今日猫空纜車為保養維護日・・・LED表示の意味はなんとなく分かる、切符売り場の窓口は閉まっているし、運休日だってことね。
c0001491_23544360.jpg
どうしようか思案したのですが、諦めて帰るのも悔しいし。さっき声をかけてくれた的士の運転手に声をかけました。マオコン・ハウ・マッチと聞くと、運ちゃんは指を3本出しました。300台湾ドルか。千円ちょっとならいいか。

タクシーは15分ほどで猫空駅前まで運んでくれました。海抜300mほどの所だそうですが、この日はもろに雲の中。霧だけでなく雨も降ってくる始末。台北の冬は雨の季節で観光に向いていないので、その冬になる前にスケジュールした旅行でしたが、雨に当たってしまいました。おまけに、月曜日はロープウェーの運休日なので、店はおおかた休みです。
c0001491_23544588.jpg
傘も持たずに悪天候の中でも、旅を楽しむことを忘れてはいけません。
c0001491_23544742.jpg
猫空とは、このあたりが「猫が爪でひっかいたような」地形だったことと、標高が高いことから名付けられたのだそうです。特に当てもなく、観光ガイドでみつけた名前に惹かれて目的地にしてしまった次第。台北で観光と言えば茶藝館。ここは木柵茶で有名な茶所なので、観光客に茶を飲ませる茶藝館がたくさんあります。そこでのんびりお茶を飲むことを狙っていたのですが、前述のように休みなのです。
c0001491_23544937.jpg
しかし、もとは茶農家が、台北市民に茶を飲ませる店を道ばたに開いたのが始まり。そんな店が一軒営業していました。オシャレじゃないし、日本語も通じないけれど、ここは景色が絶品でした。

11/30 13:52, 13:53, 14:14, 14:15, 14:23
[PR]
by kokoro-no-iede | 2016-06-22 23:57 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)
台北へ(その24)捷運文山線
c0001491_0401979.jpg
台北捷運(MRT)の文山線。ほかの路線は鉄道ですが、捷運のなかで一番最初にできた文山線は新交通システムを使っています。
c0001491_0401923.jpg
車両は路面電車ぐらいの大きさ。
c0001491_0402041.jpg
終着駅の動物園站に着きました。
c0001491_0402013.jpg
c0001491_0402157.jpg
猫空空中纜車(ロープウェイ)方面出口。

11/30 13:28, 13:30, 13:43, 13:45
[PR]
by kokoro-no-iede | 2016-06-10 00:41 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)
台北へ(その23)臺北101・その4
c0001491_22405675.jpg
屋外デッキは天気が悪いので閉鎖されていました。
c0001491_22405669.jpg
一つ階を下ると、ダンパーを横から見ることができました。
c0001491_22405744.jpg
たしかに、この大きなものが揺れていたら不気味でしょうね。YouTubeで検索すると、2008年の四川地震の時に揺れた様子がみつかります。
c0001491_22405623.jpg
地上階まで降りて、フードコートで麺類のお昼ご飯。たしか、台南のほうの料理のはず・・・。

11/30 12:22, 12:23, 12:26, 12:53
[PR]
by kokoro-no-iede | 2016-06-06 22:42 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)
台北へ(その22)臺北101・その3
c0001491_2162941.jpg
台北101展望台編続き。売店のディスプレイ。たぶん新鮮な牛乳を使ったソフトクリームをアピールしてるんでしょうけど、日本人的な感覚では理解しづらい。
c0001491_2163058.jpg
これは、地面が見えるハーフミラーの上に立つところ(天井も鏡だったかな)。女性はスカートの中身が見えちゃうから気をつけてね、という表示。
c0001491_2163016.jpg
風による振動を抑えるためのマスダンパー。重量660t、直径5.5mの鋼鉄製のダンパーがビル5階分をぶちぬいてつり下げられています。これによって揺れの40%を軽減できるのだとか。あえて人目につくところに設置して観光資源に使う、というアイデアに脱帽。

実際に揺れているシーン を見ると結構不気味です。
c0001491_2163155.jpg
ダンパーを模したマスコットキャラクター "Damper Baby"。
c0001491_2163136.jpg
c0001491_2163228.jpg
c0001491_2163253.jpg
c0001491_2163381.jpg
お土産にもダンパー・ベイビイが。
c0001491_2162937.jpg
11/30 11:43, 11:45, 11:49, 11:50, 12:02
[PR]
by kokoro-no-iede | 2016-06-06 02:18 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)