ホーム(ieji.org) >

<   2014年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧
引き継ぎ(その10・藤沢)
c0001491_21464230.jpg
江ノ電に乗って10分ほどで藤沢駅に着きました。
c0001491_2146404.jpg
駅前のロータリー。クリスマスのイルミネーション。
c0001491_2147883.jpg
JRの駅側から見たロータリー。小田急デパートの建物の中に江ノ電の駅が入っています。
c0001491_21464365.jpg
駅から歩いてホテルに戻る途中、こんな看板を発見。入ってみませんでしたけど。

12/13 18:10, 18:11, 18:16, 18:24
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-31 21:47 | Beyond the horizon
引き継ぎ(その9・江ノ島駅)
c0001491_23473242.jpg
そしてこちらは江ノ島電鉄の江ノ島駅。
c0001491_23482380.jpg
こういう位置関係。小田急の片瀬江ノ島駅に着き、その前の弁天橋を渡り、右へ行けば江ノ島です。でも風が強くて諦め、左に曲がって江ノ電の江ノ島駅に着いた次第。
c0001491_23473811.jpg
左上が宿のある藤沢。左下が現在地の片瀬。江ノ電で東へ向かえば鎌倉。この地図を見ながら、「ふたたび藤沢に宿を取り、一日目が鎌倉と湘南海岸観光、二日目が江ノ島観光、という旅行のプランが頭に浮かびました。うん、引っ越しが済んで落ち着いたらまたここに来よう。そう決めました。
c0001491_23482267.jpg
江ノ電で藤沢に戻りました。

12/13 17:57, 17:58, 18:00
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-29 23:49 | Beyond the horizon
引き継ぎ(その8・湘南江ノ島駅)
c0001491_2357715.jpg
江ノ電の江ノ島駅まで行ってみると、その向こうに3階建ての建物があり「湘南モノレール」とありました。恥ずかしながら、このあたりにモノレールが走っていることを今まで知りませんでした。
c0001491_2357573.jpg
ずいぶん古い駅舎です。3階まで登るのが大変でした。
c0001491_2357699.jpg
なるほど大船まで行っているのか。
c0001491_23565196.jpg
それなりに密度が高いですね。見事なパターンダイヤです。

12/13 17:52, 17:53, 17:54
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-28 23:57 | Beyond the horizon
引き継ぎ(その7・片瀬江ノ島)
c0001491_0564743.jpg
外へ出て振り返って、び、び、びっくり。なんか浦島太郎の竜宮城みたいな駅舎だし。そして、強い風が吹いていました。藤沢で駅に向かっているときには風を感じなかったのに、そこから2~3Kmの距離でこんなに違うのか驚きました。
c0001491_0564781.jpg
江ノ島に向かうには、まず駅前の境川にかかっている弁天橋という歩行者専用の橋を渡らねばなりません。その橋のたもとに警官が立っていました。その理由はすぐ分かりました。あまりに風が強くて橋から人が吹き飛ばされかねないからです。
c0001491_056473.jpg
橋の途中から川面を見てみると、水面が激しく波打ち、係留された船が上下していました。
c0001491_056015.jpg
人々がこわごわと橋の真ん中を渡っていきます。カメラを向けても、風に煽られてブレブレ。

そんな強風なので、江ノ島に渡るのは諦め、江ノ電の駅へ向かう道を歩き出しました。両側には観光客目当ての店が並んでいますが、その店の前を風が吹き渡るばかり。海の近くに住むというのは大変でありましょう。

12/13 17:39, 17:41, 17:42, 17:45
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-28 00:57 | Beyond the horizon
引き継ぎ(その6・江ノ島へ)
c0001491_23234137.jpg
藤沢のホテルに投宿。ベッドにかけられた赤い布はフットスローという名で、靴を履いたままベッドの上に横になったときに靴の泥でベッドが汚れないようにするものです。日本人は靴を履いたままベッドに上がったりしないので、この布は主にベッドの上に荷物を広げるために使います。

このフットスローといい、本が読めるほど明るい室内、ノートパソコンがちゃんとおける広さのデスク、さらにデスクライト、そして大浴場。という設備のこのホテルチェーンが結構好きで使っています。
c0001491_23231534.jpg
荷物を置いてトイレに寄っただけでホテルを飛び出しました・・が、藤沢の街はすでに夕闇の中。まだ5時半前なのに、これが12月の日の落ちる早さか。でも諦めずに江ノ島を目指します。
c0001491_23235873.jpg
小田急で片瀬江ノ島駅を目指します。通勤時間帯で藤沢まではあんなに混んでいたのに、そこから先はガラカラでした。
c0001491_23234583.jpg
片瀬江ノ島駅に着きました。ハイシーズンは人でごった返しているのでしょうが、12月の夕暮れは閑散としていました。

12/13 17:07, 17:20, 17:31, 17:34
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-26 23:24 | Beyond the horizon
引き継ぎ(その5・藤沢へ)
c0001491_065679.jpg
南関東の冬の空。

30年IT技術者として働き、ひたすらプログラムを書き続けてきました。その中で自分で「出来映えに納得のいった仕事」は2本しかありません。その一つはUNIXシステムで動いていたソフトを8bitのPC上で稼働させた仕事(これは開発システムの開発からやった)。8bitのPCが消えて稼働環境すらなくなってしまいました。もう一つは、某IT機器の心臓部の検査をするソフトで、こちらは中国の工場でたくさん動いていることでしょう。その他の仕事はすべて「自分ではどこか不満が残る仕事」でした。

そういえば、母校に俳優の高倉健さんが来て講演をしたとき、やはり自分で出来映えに納得のいった仕事は2本だけだとおっしゃってました。あのような人気俳優でたくさん映画に出ていても、2本だけなのか、と驚いた記憶があります。彼曰く、「仕事とはそういうもの」だそうです。

いつも、自分の仕事の出来映え、自分の仕事ぶりに不満を持ち続けていくことは、大事なことだと思います。
c0001491_065483.jpg
引き継ぎとその後の打ち合わせ会議は4時には終わりました。そのまま長野に帰っても良いのですが、翌日板橋の施設の手伝いがあります。いったん長野に帰って翌日出直すのは面倒ですから、東京に宿を取ろうと思いました。これがちっとも宿が見つからず、思い切って湘南藤沢のホテルを予約しました。

僕は湘南方面には行ったことがありません。藤沢に一晩泊まるだけで観光の予定はありませんが、できれば江ノ島まで行って夕方の海を見てみたい、と思いました。

冬至が近く、日の落ちるのが速い。小田急江ノ島線を南下しているうちに、日が沈んでしまいました。僕は電車の窓の外が次第に暗くなっていくのが気が気でなりません。果たして、間に合うのか・・・。

12/13 12:39, 16:44
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-26 00:08 | To get profit
引き継ぎ(その4)
c0001491_022541.jpg
引き継ぎ二日目。昼食はどこに食べに行こうか迷ったのですが、結局前日と同じ近くのヨーカドーへ行き、その中の回転寿司に入りました。
c0001491_023120.jpg
ランチセットの握り。
c0001491_04397.jpg
生牡蠣の握り。

12/13 12:21, 12:23, 12:26
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-26 00:05 | To get profit
引き継ぎ(その3・塚田農場)
c0001491_2503178.jpg
同僚が送別会を開いてくれました。まあ、それを口実に飲み会をしたいのでしょうけど。向かった先は、ひむか料理の店。
c0001491_2503263.jpg
「日向(ひむか)」は「ひゅうが」とも言い、現在の宮崎県のことだ、と知ったのは割りと最近のことです。昭和の時代には新婚旅行の行き先として人気の高いところだったとか。
c0001491_2503127.jpg
お通しのキュウリ。
c0001491_2503320.jpg
地鶏。
c0001491_2503071.jpg
宮崎名物チキン南蛮(鶏の唐揚げの上にタルタルソースをかけたもの)。
c0001491_2503414.jpg
何か柑橘類のソーダ。
c0001491_2503017.jpg
つまみを頼みすぎてしまい、卓上にあふれてしまいました。そこで皆でノルマ的に食べてなんとか片づいた頃・・・女性の店員(女子高生らしい)が、「焼き鳥はこの脂が美味しいのに、脂を残しちゃダメじゃないですかぁ。だから私が考えて、その脂で炒飯を作ってみましたぁ」と持ってきてくれました。ううう、やっと皿が片づいたと思ったのに、戻ってくるとは・・うっぷ。
c0001491_2503125.jpg
送別会という名の宴会は3時間ほど続きました。IT業界は人材の流動が激しいところです。辞めていく人の中には送別会を断る人も少なくありません(アスペで人付き合いが苦手だからかも)。

僕は定年までIT技術者をやる思っていたのに、人生とは先が分からないものです。

送別会の終わり頃に、スポンシーを受け入れてくれる施設の方から無事に身柄を引き受けたと連絡をもらいました。とりあえず一安心。

12/12 19:01, 19:08, 19:19, 19:32, 19:50, 19:52, 20:16, 22:16
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-25 02:53 | To get profit
引き継ぎ(その2)
c0001491_17591951.jpg
小田急線に、新宿サザンテラスのイルミネーションの中吊りがありました。今年も見てみたいかも・・・。その願いは意外と早く叶うことになるわけですが。
c0001491_175949100.jpg
お昼は会社近くのヨーカドーの中にテナントで入っているラーメン店「でいびっと」。野菜たっぷりタンメンなのですが、正直あまり美味しくありませんでした。その理由は野菜が茹ですぎてくったりしていたから。タンメンの野菜はシャキシャキした食感であって欲しいです。こんなに柔らかくちゃ、まるでポトフだよ・・・。でも後で同僚に聞いてみたら、「でいびっと」がそんなにまずいはずはないから、たまたまなのでないか、と言われました。
c0001491_17592015.jpg
ヨーカドーから会社に歩いていきます。左奥に見えるのが本社ビル。自社ビルらしいですよ。社長の車の運転手も雇われている・・そういう会社に就職したときには、母は息子がそこまで良くなるとは思わなかったと涙しました。でも、これで辞めちゃうんですけどね。
c0001491_17594256.jpg
ご当地ビールのブームが起きた頃、ノンアルコール飲料も要るだろうと、ご当地サイダーを作っていたところがありましたが、今回手に入れたのは「ご当地エナジードリンク」。

さて、引き継ぎ会議は粛々と進みます。酒を飲んでいた頃には人前で話をする(それが大人数相手であろうが少人数であろうが)なんて考えただけで緊張してしまいましたが、AAミーティングでひたらすら話をし、最近では某RDでセッション提供などもしているおかげで、人前で話すのは苦でなくなってしまいました。

引き継ぎ会議中に、スポンシーは裁判所から法務局経由で無事飛行場まで移送されたと電話で連絡をもらいました。

12/12 12:03, 12:26, 12:51, 13:11
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-24 18:01 | To get profit
引き継ぎ(その1・多摩モノレール)
c0001491_21591650.jpg
退職するに当たって、仕事の引き継ぎのために本社に出張になりました。まるまる一週間連泊してみっちり引き継ぎしろ、と言われていたのですが、それは勘弁してもらって一泊二日の日程になりました。

特急「あずさ」で移動してもいいのですが、せっかくなので多摩都市モノレールに乗ることにして、中央道日野のバス停で高速バスを降りました。
c0001491_21591427.jpg
そこから歩いて甲州街道駅へ移動。
c0001491_21591474.jpg
c0001491_21594384.jpg
高速のバス停から甲州街道駅まではこんな道のり。
c0001491_21594224.jpg
風が吹くとよく止まるのだそうです。

12/12 10:47, 10:57, 11:01, 11:03
[PR]
by kokoro-no-iede | 2014-03-23 22:00 | To get profit