ホーム(ieji.org) >

<   2013年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧
福岡へ(その1)
c0001491_1721373.jpg
福岡でのステップセミナーの講師役に呼ばれました。呼んでいただくのは2年ぶり。ありがたい話です。週末二日間「なるべく長い時間やって欲しい」ということでしたので、土曜日の午前中からできるよう、金曜の晩に移動することにしました。

仕事を終え、まずは高速バスで東京へ。新宿に着いたのが23:30。そこから電車で品川へ。
c0001491_17213771.jpg
品川から南へ向かう電車が満員でした。金曜の深夜の京浜東北線があんなに激混みだとは知りませんでした。へろへろになって蒲田の駅に着き、駅前のコンビニで夜食を買ってホテルに向かうと、途中で消防車が十台ほど集まっていました。火事があったみたいですね。

ホテルにチェックインし、シャワーを浴びてPCでメールの返事など書いていたら、寝るのが2時になってしまいました。まあいつもそんな時間ですが。

7/12 20:12, 7/13 0:35
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-30 17:22 | Alcoholics Anonymous
ココイチ
c0001491_15153472.jpg
残業の妻を車で迎えに行き、帰宅途中CoCoイチで晩御飯にしました。写真は、カレーライスをダムに見立てた「黒部タムカレー」だそうですが・・・、どこに魅力があるのか、誰か僕に解説して下さい。
c0001491_15153580.jpg
遅くまでお仕事お疲れ様です。
c0001491_15153428.jpg
野菜カレー。

7/11 21:38, 21:49
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-30 15:16 | Dinner table
夕立
c0001491_23362560.jpg
理事会を終えて、やはり理事関係の打ち合わせのために移動したら、途中で夕立にあって足止めされました。

○これを書いている今日も理事会でした。過去の理事会には、それぞれ成し遂げた業績もあったのでしょうが、今は財務が苦しくて何かを残すことはできません。なんとか苦しい状況に耐えて乗り切ることが使命です。

7/7 17:41
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-29 23:36 | Alcoholics Anonymous
レグテクト
c0001491_1758291.jpg
翌日も理事会です。誰かがレグテクト(アカンプロサートカルシウム)の製剤見本を持ってきました。(なぜそんなものが手に入るのか?というツッコミはなしでね)。

錠剤がやや大きめなのと、朝昼晩と一日3回飲まなくちゃならないのは、服薬遵守の点で大変かも。働いていると昼食の時に薬を飲むのは気を使いますからね。せめて朝晩2回だったらよかったのに。これがきちんと飲める人なら、断酒もそれなりにできるんじゃないかと。
c0001491_1758228.jpg
まあ、薬を飲んで10%上乗せできるのだったら、使えば良いのじゃないでしょうか。従来の抗酒剤とも併用できるわけですし。心配なのは依存症に詳しくない内科の先生とかが漫然と使っちゃうことでしょうか。

心理社会的治療ってのは「患者の社会生活をサポートするために行う治療」だそうです。面接して「AAに行きなさい」っていうのもそうなのかな。

7/7 9:54, 10:00
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-27 17:58 | Alcoholics Anonymous
理事会
c0001491_13524815.jpg
またまた理事会です。JSOは住宅地の真ん中のビルに入っていますが,周りの家には花を咲かせているところが多いです。
c0001491_13524879.jpg
一日目が終わり、大塚まで移動してお寿司の夕食。この日は疲れていたので10時半には寝てしまいました。

7/6 9:43, 18:07
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-27 13:53 | Alcoholics Anonymous
お嬢様とスタバ
c0001491_22562270.jpg
c0001491_2257668.jpg
ちょっとスタバ。

7/5 17:55
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-26 22:56 | Lux
ミスド
c0001491_17241972.jpg
AAミーティングの前にジャスコの中のミスタードーナツで腹ごしらえをしました。
c0001491_17241930.jpg
ドーナツ屋さんなのに、なぜか麺類まである。食べる順番を間違えました。こっちが先の方がよかった。

で、結局AAミーティングには出ずに、会場の中からスポンシーを呼び出してステップ5の続きをやりました。やっている最中に部屋の中からケーキを持ってきてくれたメンバーがいました。バースディ・ミーティングだったんですね。ミーティング終了後、記念の集合写真に収まって帰りました。

7/1 19:13, 19:14
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-25 17:25 | Dinner table
お嬢様のお弁当
c0001491_13343021.jpg
お嬢様が僕らのためにお弁当を作ってくれました。おかずだけだけど、初めてのことでした。セブンイレブンでおにぎりを買ってお昼ご飯にしました。

そういえば妻も僕に1回だけお弁当を作ってくれたことがあります。1回だけお弁当を作る、という遺伝形質があるのかもしれません。

7/1 12:04
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-25 13:35 | お手伝い
Southへ(おしまい)
c0001491_17454832.jpg
無事成田空港に着きました。
c0001491_17454596.jpg
池袋まで3,000円というリムジンバスに乗りました。後になって調べたら、最近は東京駅まで900円とか1,000円というバスもあるのですね。他の駅まで広がってくれればよいのですが。

池袋から板橋まで移動して、駅前のホテルに投宿しました。ネットで予約しておいたつもりでしたが、日付を2ヶ月間違える大ミスで予約が取れていませんでした。それでも空きがありなんとか宿を確保できました。夕食につけ麺を食べました。
c0001491_17454521.jpg
早く寝たせいで、翌朝も早く目が覚めました。しかし、頭が疲れているので、時間潰しにPCを起動しようという気になれず、アメリカへ行く飛行機の中 で手に入れた数独パズルを解いて過ごしました。
c0001491_17454691.jpg
1時間余りでこんな感じ。適度に頭がほぐれた感じでした。数独は「数字は独身に限る」の略です。
c0001491_17461627.jpg
リトルロックの空港で、家族にお土産というか話のネタでファッション雑誌を買って帰りました。
c0001491_174548100.jpg
c0001491_17452049.jpg
中身はこんな感じ。ちなみにヴォーグが$5、コスモポリタンが$4でした。

土曜日なので板橋の施設を手伝ってから夜に長野に戻りました。こうして、前後1日ずつ東京に滞在したので、合計で8泊9日の研修ツアーがようやく終わりました。その経験を今後に生かし、またさまざまな形でお伝えしていきたいと思います。

(以下JST+9) 6/28 17:26, 18:20, 6/29 7:09, 8:12, 10:02, 10:03
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-24 17:51 | お手伝い
Southへ(その29・日本へ)
c0001491_154387.jpg
日本へ向かう飛行機が飛び立ったのは午後4時前でした。しばらくして晩御飯。その後、機内は夜になる・・設定なのですが、実際には西へ西へと太陽を追いかけるので、ずっと午後遅くです。

それでも機内は暗くされるので、毛布をかけて寝てしまう人もいれば、PCを取り出して仕事をしている人たちもいます。僕はエンターテイメント・システムで映画を見て起きていることにしました。

見たのは「ジュラシック・パーク」(まだ見てなかった)、それと日本語字幕がない"IN TIME"。
c0001491_1544416.jpg
IN TIMEはSF映画で、設定が最初よく分からなかったのですが、どうやら不老不死の手段を開発され全人類が25才で成長も老化もしなくなる世界のようです。それだと人口がどんどん増えてしまうので、TIME(時間)という通貨によって管理される世界になっています。人は労働して時間を稼ぎ、物を買うことで時間を消費します。値段=時間とい世界。どれだけ時間を所有しているかは、左腕に緑色の数字で示され、残高がゼロになると・・死んでしまう、という世界です。

貧民は残高がゼロになるのに怯えながら日々暮らしています。なにぜ何も買わなくても口座の残高は刻々と減っていくのですから。一方金持ちは、ありあまる財産(時間)をもてあましながら遊んで暮らしています。

この世界、全員25才なのです。自分の母親も25才なら、自分も25才。もし娘がいればそれも25才。金持ちのじーさんも25才。この奇妙な設定は、フィリップ・K・ディックを思い出させ、時間局という正体不明の組織に管理されている世界は『未来世紀ブラジル』を連想させます。

ストーリーは単純明快で、貧しい25才の青年が、ひょんなことから大金を手にし、ギャングに追われながら金持ちの娘(25才)をたぶらかし、彼女と二人でボニー・アンド・クライドばりの逃走劇を繰り広げる、というお話。
c0001491_1551167.jpg
ヒロインのアマンダ・セイフライドが可愛い。全編ミニスカートで押し通すところがいい。
c0001491_154455.jpg
c0001491_1551250.jpg
敵に追われ、全身ぼろぼろになっても、次のシーンでは化粧も衣装もすっかり元通りになっているところが・・日本のマンガか!とツッコミたくなりますが、それもまたイイ。
c0001491_1544485.jpg
やっぱりボブカットとミニスカートの組み合わせは最強だなぁ。
c0001491_1551318.jpg
日本でも「タイム」というタイトルで公開されていたみたいですけど、見てなかったです。
c0001491_155577.jpg
まだまだ時間が余ったので、もう一本「ダイハード」を見ました。

6/27 18:13, 6/28 2:59
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-24 15:08 | お手伝い