ホーム(ieji.org) >

<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧
茂源(もげん)ふたたび
c0001491_13558100.jpg
調子に乗ってもう一度茂源に行ってしまいました。
スポーツ新聞を読みながら(それしか読むものがなかった)ラーメンを食べていたら、新聞を箸立てに引っかけてひっくり返してしまい、100本以上の箸を床にばらまいてしまいました。日本語の怪しい店員さんと一緒に拾い集める羽目になりました。
バツが悪いのでその後一度もこの店に行っていません。


> 台湾には10年前に行きました。
> 台湾には2年前に行きました。

ああ、台湾また行きたい。
今度は遊びで行きたい。
京劇を見たり、故宮博物館を見たいものです。

3/17 12:20
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-31 13:55 | Dinner table | Trackback | Comments(2)
台湾料理茂源(もげん)
スポンシーに勧められて行ってきました。
c0001491_10491234.jpg
回鍋肉。
c0001491_10491227.jpg
遅れて野菜スープ。
食べ過ぎました。


> 東北のカオルさん

彼はなかなかイケメンなんです。

> ◎郎さんは、ずっとずっと、あのお山から

うつ病の山岳療法を始めた人として歴史に名を残す人かも知れません。

> ボトルを握ったアイスマンですか?

きっと数千年を経過しているにもかかわらず、そのアイスマンの持っていたボトルの中身は解凍すれば「飲める」んですね。しかし、それを飲んだ人が呪いで次々謎の死を遂げるという・・・。内田康夫の推理小説「アイスマン連続殺人事件」のストーリーです。
ええ、冗談ですとも。

> AAの仲間と二人、常念岳日帰り登山を強行

スポンサーシップってホントに厳しいよねヽ( ̄▽ ̄)ノ

> 去年は雷鳥を見ました。
> 今年は、どんな素敵な出会いがあるのでせうか?

雷鳥の次はツキノワグマだったりして。一昨年はAA仲間からイノシシの肉をもらいました。雷鳥のお味はどうでしたでしょうか。

> フランス貴族に扮装というか男装した店員さんがいる中華のお店

執事喫茶にすら行ったことのないビギナーな僕にはハイレベルすぎるお店です。

3/15 19:53, 19:57
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-30 10:57 | Dinner table | Trackback | Comments(2)
常念岳
c0001491_0353794.jpg
ここに登ると言っていた人がいたような・・・。


> 共依存おやじさんのブログ

政治ネタは別ブログに分けた方が良いと思うんですけどね。

> 戦わないのが一番ですね。

というか、いつ戦うべきかは神さまが決めてくれますから、自分で決めないことですよね。

>>例のキュロットのところ>不勉強で分かりません。

いや勉強して頂かなくてもいいんですけど・・・。
三宝亭ふたたび
http://kokoiede.exblog.jp/15716525
三宝亭
http://kokoiede.exblog.jp/14693069

> スリランカから帰ってきたら、奥さんがカレーを作って待っていた

中国出張から帰ったら、奥さんが餃子を焼いて待っていた、っていう人もいました。

> ラーメンは、外から日本に帰った時、真っ先に食べたくなるものの一つ

矢野顕子に「ラーメン食べたい」という曲があり、海外コンサートだとかならずリクエストされるそうです。台湾には逆輸入された日式拉麺という料理がありました。

3/14 8:27
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-29 00:37 | Rural Life | Trackback | Comments(6)
三宝亭
c0001491_1623241.jpg
日本に帰ってきて、さっそくラーメンです。
行ったのは三宝亭(例のキュロットのところ)。
ここはチャーハンがおいしいのです。
(ケータイで撮影)

3/5 21:43
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-27 16:23 | Dinner table | Trackback | Comments(4)
無錫へ(おしまい)
c0001491_11455928.jpg
中部空港に到着後、名鉄の車窓から。
日本の空気は澄んでいることを実感。
c0001491_11455934.jpg
そして長野に戻ってきました。途中下車すればホームグループのミーティングに間に合ったのですが、さすがに疲れたのでお休みさせていただきました。

3/4 15:46, 17:32
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-26 11:47 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)
無錫へ(その15)
c0001491_1344412.jpg
滑走路も、上海空港上空も霞んでいました。黄砂でしょうか。
c0001491_13444100.jpg
東シナ海上空。
c0001491_134446.jpg
機内食。これを見て「よかったまともな食事だ」と喜ぶようになってしまうわけです。
c0001491_1344589.jpg
紀伊半島上空から見た大阪湾(陸地を強調するために若干色調整しています)。

3/4 11:30, 11:56, 13:22, 13:45 CST
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-25 13:46 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
無錫へ(その14)
c0001491_14201721.jpg
上海空港には二つターミナルビルがあります。言葉は通じませんが、タクシー運転手がどっちだと聞いてきました。調べてなかったので、えいやっと1番ビルにしました。
c0001491_14201317.jpg
ターミナルビルを一回りしてみてもチャイナエアが見つかりません。しかたなくカタコトの英語で尋ねてみると案の定2番ビルだと言われました。無料のリムジンバスに乗るか歩けと。というわけで歩くのです。
c0001491_142014100.jpg
警官がセグウェイに乗っています。パスポートコントロールは日本よりはるかに厳重でした。
c0001491_14201640.jpg
お土産を買いに「しゃねる」のお店に寄ったのですが、他の国の店と違って、店員がまったく助けてくれません(涙)。商売する気がないのね。白人のおばさんとぐいぐい肩を押し合いながらリップスティックを選ぶ羽目に。あとウーロン茶を買っているうちにあやうく乗り遅れそうになりました。とほほのほ。


> お皿は、そーゆーデザインなのですか?

何枚かに1枚は欠けたお皿が混じっていたのに、誰も気にしていないところをみると、こういうデザインなのかもしれません。しかも、欠け方が一枚一枚違うのは、きっと手作りなのでしょう。

> 無錫には、何日間

4泊5日でした。

3/4 9:33, 9:41, 10:00, 10:48
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-24 14:23 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
無錫へ(その13)
c0001491_1681164.jpg
上海近辺でも3月にスイカは採れないでしょうから、南方から送ってきたのでしょう。
c0001491_1681189.jpg
c0001491_1681176.jpg
工場へ出勤する人々。男性もいますが若い女性が多い。なぜか皆がピタピタのスリムジーンズを履いています。そうでなければミニスカートにタイツかトレンカ。きっと流行なのでしょう。
c0001491_1681278.jpg
上海近くまで戻ってくると建物も少しおしゃれな雰囲気が出ます。

3/4 6:04, 6:17, 6:54, 8:37 CST
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-23 16:10 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
無錫へ(その12)
c0001491_2337227.jpg
睡眠時間が少ないせいで食欲がなくとも、食べておかなくては体が参ってしまいます。特に肉類を食べてタンパク質を補うことが重要。うつは脳内のセロトニンやノルアドレナリンの不足によって起こりますが、そうした脳内アミンの原料はアミノ酸、つまり肉です。
c0001491_23365930.jpg
無錫は太湖という琵琶湖の3倍ぐらいある湖の近くで運河が発達しており、工場も運河沿いにあります。
c0001491_2336592.jpg
昼食。もはやする仕事もあまりなく、ひたすら待機状態。なにか仕事しているフリをするのが辛い。

たくさんエンジニアを送り込んできている会社の人は交代で休日が取れますが、人数の少ないところは月に2~3回休めればいいほう。それでも、海外出張手当や残業休出手当が出るなら納得できなくもないかも。でも僕は年俸制で残業時間の割り増しはありません。休日出勤分は日本に帰ってから代休がもらえるけれど、そのぶん仕事が遅れるだけだし・・。

もう数日間滞在しろというプレッシャーをはねのけて、予定どおり帰ることにしました。帰りのタクシーは日本に戻った中国人スタッフが、わざわざ無錫のタクシー会社まで国際電話をかけてアレンジしてくれました。
c0001491_2337027.jpg
休憩室の自動販売機で買ったコーヒー。
中国は快適とは到底言えません。正直帰れることになったのが嬉しい。思わず頭の中に、アリスのチャンピオンの歌詞が流れてしまいました。「帰れるんだ これで 帰れるんだ~♪」

3/3 6:41, 7:23, 12:04, 12:29
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-22 23:39 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
無錫へ(その11)
c0001491_120582.jpg
c0001491_1205762.jpg
c0001491_1205992.jpg
夜になれば低圧ナトリウムランプのオレンジ色ばかり。初期コストが安く、エネルギー効率が良く(電気代が安い)、単色光なので煤煙や粉塵が酷くても見通しがよい・・。日本ではトンネル以外ではあまり使われなくなっています。


> 写っているのが椰子の実ジュースでしょうか?

c0001491_12283.jpgはい。缶を撮影しておきました。

> ルビー・モレノ

って誰? と検索してみました。「愛という名のもとに」は1992年。同年は僕が初めて精神病院に入った年でもあり、最も酒が酷かった時代で、ドラマのことはまったく記憶に残っていないのであります。

3/2 23:38, 23:39 CST
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-05-22 01:23 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)