ホーム(ieji.org) >

<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
無名のアルコール中毒者たち
c0001491_0391255.jpg
アルコホーリクス・アノニマス
無名のアルコール中毒者たち
―アルコール中毒からの回復―

AA J.S.O./発行

目次
日本語版序文
初版の序
医師の意見
第一章 ビルの物語
第二章 「解決はある」
第三章 もうすこしアルコール中毒について
第四章 われら不可知論者
第五章 どうするのか?
第六章 実行に移す
第七章 一緒にやること
第八章 奥さんたちに
第九章 家族のその後
第十章 使用者たちに
第十一章 あなたの未来像
 個人の物語
ボブ博士の悪夢
ピーター神父の物語
附録

旧版(日本語版初版)のソフトカバー。
最初に手にしたビッグブックはこのソフトカバータイプでした。2冊あったはずですが、いずれもスポンシーにあげてしまって手元にありません。

人にビッグブックを差し上げるのを美徳と思っていた頃がありました。しかし、最近はしません。文庫版なら800円。安くはないかも知れませんが、その人が回復の道を歩むために必要なコスト全体からすれば、ほんのわずかに過ぎません。それを肩代わりしてあげても、あまり意味はないと思うようになったからです。

「ビッグブックくらい買えよ。あなたの回復は全部あなたのものになるんだからさ」というわけ。


> 国立一本

理科大の入学金を払ってもらえなかった時に、合格しても入れないのだったら受けるだけ無駄だったな、と思った記憶があります。(早慶みたいな学費の高いところは無理でも、理科大の金額ならばと子供ながら気を使ったのですけど)。
国立一本のほうがシンプルでいいかもしれません。

> 後からの色んな問題の元

「努力すべき時に努力できない人は不幸である」という言葉は誰の言葉だったか。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-28 00:39 | Bookplate | Trackback | Comments(3)
京都行き(その10) 銀閣寺2
c0001491_23511028.jpg
c0001491_23511636.jpg
c0001491_23512274.jpg


○高卒者の半分以上が四年制の大学に進む時代です。しかし、その4割はAO入試や推薦入試によるもので、学力試験を通過しないのだそうです。
ちょっと驚きです。

12/20 11:45, 11:48
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-26 23:52 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(2)
賢者の教え
c0001491_1727144.jpg
バルタザール・グラシアン 賢者の教え
せち辛い人生をいかに生き抜くか
J・レナード・ケイ/著
加藤諦三/訳

The Wisdom of Bartazar Gracian
バルタザール・グラシアン
17世紀スペインのイエズス会の高僧で学者。著述家。各地の神学校教授を歴任し、国王の顧問を務めた。著作物は早くから英・仏・伊・独語に翻訳され、ニーチェやショーペンハウエルらに人生の指針として多大な影響を与えた。堕落、偽善にまみれた17世紀スペインに生きた彼の箴言は、人間として立派に生きるには、まず人生を巧みに生きることだ、という哲学に貫かれている。その処世訓はマキャベリの『君主論』と並んで古典的名著として、いまなお世界中の人々に読み継がれている。


ついに僕もバルタザールなど枕元におくようになってしまいました。年を取りましたな。読んでみると、なかなかに「上から目線」の本であります。まあ賢者の言葉だしね。
最近「上から目線」は褒め言葉じゃないかと思う次第。


> 観光地に行くと分刻みで撮影してますね

そうなのです。ASの人と違って記憶が視覚的でないので、写真を撮っておかないと風景が思い出せないのです。

> 人が少なくて、存分に楽しめた

修学旅行の子供たちがいませんでしたからね。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-25 17:28 | Bookplate | Trackback | Comments(1)
京都行き(その9) 銀閣寺1
c0001491_15591638.jpg
哲学の道の突き当たりに慈照寺(銀閣寺)があります。
c0001491_15592656.jpg
銀閣寺垣。
c0001491_15593143.jpg
庭園。

12/20 11:41, 11:42, 11:44
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-24 16:00 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(2)
自閉症スペクトラム障害 人間関係10のルール
c0001491_13165089.jpg
c0001491_13165520.jpg
自閉症スペクトラム障害のある人が才能をいかすための人間関係10のルール
テンプル・グランディン, ショーン・バロン/著
門脇陽子/訳

Unwritten Rules of Social Relationships
Decoding Social Mysteries Through the Unique Perspectives of Autism

謝辞
読者へ
舞台裏――序にかえて
第1幕 社会的思考の二つの視点
 1 私の世界は私のなすこと――テンプル・グランデイン
 2 社会意識のもうひとつの視点 ショーン・バロン
第2幕 二つの思考・二つの道
 自閉症的思考は社会理解にどう影響するか
 幕間
第3幕 人間関係の暗黙のルール10ヵ条
 1 ルールは絶対ではない。状況と人によりけりである。
 2 大きな目でみれば、すべてのことが等しく重要なわけではない。
 3 人は誰でも間違いを犯す。一度の失敗ですべてが台無しになるわけではない。
 4 正直と社交辞令とを使い分ける。
 5 礼儀正しさはどんな場面にも通用する。
 6 やさしくしてくれる人がみな友人とはかぎらない。
 7 人は、公の場と私的な場とでは違う行動をとる。
 8 何が人の気分を害するかをわきまえる。
 9 「とけ込む」とは、おおよそとけ込んでいるように見えること。
 10 自分の行動には責任をとらなけれぱならない。
エピローグ
訳者あとがき
参考文献


まだ第1幕の途中までしか読めていませんが、お薦めの良書です。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-23 13:17 | Bookplate | Trackback | Comments(0)
京都行き(その8) 哲学の道
c0001491_16391925.jpg
c0001491_16392412.jpg
c0001491_16392836.jpg
京都大学キャンパスから東へ。高名な哲学者が歩きながら思索を深めたことから「哲学の道」と呼ばれるようになったそうです。

12/20 11:28, 11:29, 11:30
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-22 16:40 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)
アルコール依存症の家族へのアドヴァイス 改訂版
c0001491_1593144.jpg
アルコール依存症の家族へのアドヴァイス 改訂版
大河原昌夫/著

目次
なぜ、家族なのか
アルコール依存症への誤解
なぜ誤解が生じるのか
1 本人が飲酒(問題)をどう考えているかをよく聞く
   ――飲酒をやめる気のない人に対して――
2 「脅し一おどし一」は効かない。脅しはしない。実行できる約束だけする
3 自分の気持ちを伝える
4 アルコールと暴力
5 飲酒の後始末をしない
   底つきについて
   家族が協力しない自由はある
   やる気が起きてきたらしい場合
6 家族は休息し、自分を責めるのをやめる
7 「酒」とりう言葉を忘れる
8 「やめる気持ちがあるのね」と催促(さいそく)しない。言葉で確認しない
9 やめようとしている人にプレッシャーをかけない
10 監視をしない
11 再飲酒(スリップ)にあまり反応しない
12 「隠れ飲み」には「悲しい」とだけいう
13 抗酒(こうしゅ)剤について
14 家族は無力である――の意味
15 家族の分かち合いを。失敗を語り合う
16 古い習慣を棄てる
17 入院と外来。強制入院について
18 女性のアルコール依存症を家族に持ったとき
19 アダルトチルドレン(AC)について
あとがき
改訂版へのあとがき

大河原先生のご著書をもう一冊。
ただしこれは非売品で、勤務先の病院が出版元になっています。
たぶん患者さんのご家族に渡すのでしょう。


> しらすアイス

調べてみました。塩味のジェラートならしらす干しが入っていても違和感ないかもしれませんね。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-21 15:10 | Bookplate | Trackback | Comments(0)
京都行き(その7) ちりめん山椒ソフト
c0001491_052942.jpg
清水寺から降りる茶わん坂の途中、「ちりめん山椒ソフト」なるソフトクリームを売っているお店がありました。
ちりめんじゃこのちりめんです。
店は閉まっていました。
店が開いていたら食べたか? と聞かれるとビミョーです。

12/20 11:02
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-21 00:07 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
家族への希望と哀しみ
c0001491_19141728.jpg
家族への希望と哀しみ
摂食障害とアルコール依存症の経験
大河原昌夫/著


目次
はじめに

第一章 摂食障害と家族
1 摂食障害を考える――家族への眼差し
  摂食障害になると アルコール依存症の経験から 摂食障害の家族の風景 摂食障害は病気か 摂食障害からの回復(1) 家族とともに 摂食障害からの回復(2) 本人の回復 「マーサウの会」の風景
2 摂食障害の家族へのアドヴァイス
  なろうとしてなれる病気ではないことを理解する 症状にはそれ以上の破壊から自分を守る意味もある 励ましによって、元の状態へ戻そうとしない 過食・食べ吐きなどの症状に「なぜ」と聞かない 「まだ太っている」――を否定しない 「家族が悪いから」病気になったのか 負い目は自分の心の中に 過食・食べ吐きの手伝いはしない、本人に任せる 家族は一歩の余裕とユーモアを 完全な家族を求めない、失敗を恐れない 家族同士の分かち合いを 入院について
3 摂食障害への疑問に答えて

第二章 アルコール依存症の臨床から
1 アルコール依存症の家族へのアドヴァイス
  なぜ家族なのか アルコール依存症への誤解 本人が飲酒をどう考えているかをよく聞く
 〈飲酒をやめる気のない人に対して〉脅しは効かない、しない、実行できる約束だけをする 自分の気持ちを伝える 飲酒の後始末をしない
 〈やめる気が起きてきたらしい場合〉家族は休息し、自分を責めるのをやめる 「酒」という言葉を忘れる 「やめる気があるのね」と催促しない やめようとしている人にプレッシャーをかけない 監視をしない 再飲酒にあまり反応しない 隠れ飲みには悲しいとだけいう 抗酒剤について 家族は無力である 失敗を語り合う 古い習慣を棄てる 入院と外来、強制入院について 女性のアルコール依存症を家族に持ったとき
2 アルコール依存症の意外さ
3 AAへの希望
  AAの女性 回復は押しつけない 神とハイヤーパワーと仲間
4 アメシストヘの希望

第三章 日本の家族の風景
1 子を持たない生き方――淋しいエゴイズム
2 孤立する家族のために
  幸福の追求・家族の挫折 不完全で楽な家族 前近代の家族像 転向と家族――日本の家族の弱さについて 地道な努力の無意味さ 希望はあるのか 家族に出来ること
3 子どもの権利・学校のお節介

第四章 人びとの記憶
1 釧路で映画を見続ける意味――堀要君のこと
2 責任を持つ性の教育――朝山新一さんの教え
3 不安な家族――中井久夫への感謝
4 志と茶目っ気と――さよなら上野博正

あとがき


AAのA類常任理事を5年間務めて下さった大河原先生のご著書です。
先日の講演の時に買ったのでサイン本になってます。
でもまだ読んでません。

それでもちょっと中身を覗いてみると、講演の内容より本の方が分かりやすく書かれています。先生、しゃべることより書くことの方が達者なんですね(わかっていたことだけど)。目から鼻に抜けて、ああしなさい、こうしなさいとビシビシ厳しい指示が飛んでくる・・というタイプの先生ではなく、「先生、どうしたらいいんでしょう?」という質問に対して、「僕にも分かりません。一緒に悩みましょう」というタイプの先生です。そういうタイプの先生が合う人もいるのです。

講演の時も「5年後にまた講演に呼んでくれれば、僕も経験を積んでもっとちゃんとしたことが言えるかも」なんて、ペロっと正直なことを言っちゃう先生です。


> もう1年も経ってしまったのですね。

早いものですね。4月にはラリーさんの講演が関西と東京で企画されているそうです。

> ダルクのIさんが、テキストを翻訳する

そうですね、そのうちいろいろご案内できるのではないかと思います。カウンセラーズマニュアルは一般売りはしないのですが、クライアント用のワークブックなどは希望者に販売できるかも知れません。

> 重なってしまい無理でした

平日は仕事をして、休みの日にイベントに行くのを続けていると、体力も財布の中身も枯渇しそうであります。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-19 19:15 | Bookplate | Trackback | Comments(0)
京都行き(その7) 紅葉
c0001491_1351444.jpg
c0001491_13514822.jpg
c0001491_13515189.jpg
12月後半でもまだ紅葉が残っている京都の暖かさ。


> ぼくはメモ魔です

ご立派なことです。
仕事でメモを取りますが、一つのノートにまとめず、いろんな紙にメモを書き散らかすので、後になってメモを探すのが大変な日々です。

12/20 10:39, 10:45, 10:54
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-18 13:52 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)