ホーム(ieji.org) >

<   2010年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
渋谷にて(その2)
c0001491_17191310.jpg
c0001491_17191942.jpg
ゆーれいずみあーっぷ、そー、あいきゃんすたんどん、まーんてーん。
ゆーれいずみあーっぷ、とぅーうぉーこん、すとーみーしー。
あいあむすとろーん、うぇん、あいあむおんや、しょーるだあー。
ゆーれいずみあーっぷ、とぅーもーだんあいかんびー。

という部分だけ覚えました。
You を神と受け取れば信仰の歌になるし、人間と受け取ればラブソングになるのか。


> これ、ワザとですよね?

はい。こちら にTAMAらさまがおわします。

5/2 13:08, 13:22
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-31 17:20 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
渋谷にて(その1)
c0001491_22215729.jpg
c0001491_222226.jpg
c0001491_2222895.jpg
さらに翌日、渋谷東急Bunkamura。たまラ・ド・レンピッカ展。
下の絵は確かナボコフの『ロリータ』の表紙になっていたのだったか。

高速バスの時間を読み違えて、ご迷惑をおかけしてしまいました。

レンピッカの使った緑色をスキャンで再現するのは難しいです。
こんな感じ だったか。


> 娘に、拘束具を取り付けたい

それで娘に一生家にいられても困りますよね^^;

5/2 12:34
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-29 22:22 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(1)
連休のお子様ーず
c0001491_147335.jpg
c0001491_147857.jpg
連休には映画に連れて行くように、と申し渡されていたのです。
「よっしゃ、わかった」と返事したものの、上の子は名探偵コナン、下の子はアリス・イン・ワンダーランドが見たいと言うのです。そこはきょうだいの間で調整してくれよ、と伝えておいたのですが、両者譲らず、決着のつかないまま当日を迎えてしまいました。

「じゃあさ、パパはロビーで待っているから、それぞれ一人でアリスとコナンを見てくるってのはダメか?」

即却下されてしまいました。この日は皆でアリス、数日後にコナンを見ました。そのたびに食事だ、デパートで買い物だ、映画のグッズだと、金のかかるのは仕方ない。パパのご機嫌を取るためかどうか知らないけれど、この日は二人とも絶対領域を装備してきたから、それに免じて甘やかしてあげるのでした。

5/1 13:10, 13:11
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-28 14:08 | Dysfunctional | Trackback | Comments(1)
遅咲き
c0001491_1713813.jpg
帰国翌日。すでに世間は黄金週間。美容院にいったら混んでいたので後回しにして、壊したメガネを新調するために眼鏡屋に向かう途中。公園で遅咲きの桜が咲いていました。

金がないときに限ってメガネを壊し、金がないときに限って美容院に行かねばならぬ。まあ、そういうものでしょう。


> 寝覚の床・・河童?のミイラ

浦島太郎の話じゃなかったかな。
ちゃんとニックネーム書いた方が良いですよ、○゛○○○さん。

4/29 15:38
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-27 17:02 | Rural Life | Trackback | Comments(0)
韓国旅行記(おしまい)
c0001491_13414029.jpg
木曽川の名勝「寝覚の床」。
c0001491_13415041.jpg
帰宅後、会社まで機材を置きに行き、その帰りにみそラーメンを食しました(麺屋いわい)。韓国で辛いものばかり食べてきたので、つくづくラーメンというのは日本食だと感じました。

4/28 17:15, 20:04
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-26 13:43 | To get profit | Trackback | Comments(1)
韓国旅行記(その24)
c0001491_19415320.jpg
c0001491_1942115.jpg
c0001491_1942772.jpg
小さい飛行機で、なかなか窮屈な座席でした。
ジェット気流に乗るせいで、帰りは2時間ほどのフライト。
ソウルは雨でしたが、名古屋は快晴で暑いぐらい。

4/28 11:40, 11:41, 15:34
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-25 19:42 | To get profit | Trackback | Comments(0)
韓国旅行記(その23)
c0001491_2213196.jpg
c0001491_22132758.jpg
c0001491_22133493.jpg
CHANELと書かれた免税店に入り、お土産を物色。店員さんは、ふたこと目には「東京では○○が流行っている」と言うのですが、ニューヨークではとかパリではという話は出てきません。おそらくここで買い物するのは日本人ばかりなのでしょう。

リップスティックを買い、残った小銭を最後にユニセフのチャリティボックスに放り込み、もうすることはないと思ったのですが、念のため日本に電話を掛けてみました。というわけで、チークは日本円で買ったのですが、おつりも日本円で貰えたので助かりました。

4/28 11:33, 11:38
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-23 22:14 | To get profit | Trackback | Comments(0)
韓国旅行記(その22)
c0001491_2314167.jpg
c0001491_2315018.jpg
空港に着く直前に、タクシー運転手がなにか尋ねてきました。
言葉はわかりませんが、たぶんどこの航空会社という話なのでしょう。コードシェアであることを思い出して、コリアンエアと答えると、KALカウンターに一番近いところに降ろしてくれました。

しかし僕はJALのカウンターでチケットを買わねばなりません。出発ロビーにはいろんな航空会社がカウンターを出しており、どこにJALがあるのか、さっぱり分かりません。こんな時にフロア見取り図があれば便利でしょうが、あるにはあっても航空会社が書き込まれていないのが毎度のこと。たぶん、大きな空港では航空会社の参入や撤退がしばしば起こるので、都度書き換えるのが手間だから省略しているのでしょう。

案内所があったので、聞いてみることにしました。JALのカウンターはどこだ、と聞いたのですが、逆にどの便に乗るのか尋ねられ、それに答えるとKALのカウンターに行けというのです。その前にJALのチケットカウンターでチケットを買わないといけないのだと説明しても、お姉さんは12:35の名古屋便はコリアンエアだと答えるばかりです。こんな風に僕の英語は通じないのです。自力で探す羽目に。

預け荷物、日本人はカギのかかる旅行鞄を使いますが、中国人は段ボール箱をビニール紐で縛って何箱も持ち込んでいたりします。

インチョン空港は広い。僕の乗る便がJAL運航便であったら、チェックイン後に連絡バスに乗って別のビルに移動しなければならないのだそうです。所要時間30分以上。今回はKAL便なので、バス移動の必要もなく、パスポートコントロールを出ればすぐ目の前でした。
どこの空港でも自国の空港会社が一番優遇されているわけです。


> 秋田

毎度のことながら「ついてこれるヤツだけついてこい。ついて来れないヤツは置いていくぜ!」というストラテジでやっております。

4/28 11:07, 11:26
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-22 23:03 | To get profit | Trackback | Comments(0)
韓国旅行記(その21)
c0001491_15592994.jpg
c0001491_15593722.jpg
この出張から1ヶ月近く経つわけですが、(当然のことながら)現地での調整作業はまだ続いています。この週末に別の人が出張に呼ばれています。月末までかかるかも、だとか。やれやれ。

インチョン空港は干潟を埋め立てて作ったそうで、干潮で干潟が出現していました。


> 同じ便が半額( ̄~ ̄;)

コードシェアは「共同運行」と言っても、実際には座席の卸売りだそうです。
僕の場合はJALがKALから、ヨウコさんの場合はANAがルフトハンザから座席を卸売りしてもらい、それを自社顧客に再販売する、その小売りマージンのぶんだけ高価ということのようです。要するに足下を見られているみたい。

4/28 10:05, 10:07
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-21 16:00 | To get profit | Trackback | Comments(2)
韓国旅行記(その20)
c0001491_1311597.jpg
c0001491_1312559.jpg
空港までのタクシーは、ホテルにアレンジを頼んでおきました。
タクシー運転手のおじさんは、こちらが日本人だと分かると、わざわざお店に寄って栗まんじゅうをおみやげに持たせてくれました。たぶん営業行為なのでしょうが、タクシーの選択はホテルにまかせているので、僕をもてなしても無駄なんですけどね。それを伝えたくても言葉が通じません。仕方ないので「はせよ~」と言ってもらっておきました。

職場用のおみやげが必要だったので、ちょうどいいや。漢字で「名物」とか「菓子」とか書かれていて、外国人用のおみやげみたいです。

二重に袋に入れておいたのですが、飛行機に積み込む際に雨に濡れてしまったのでしょう。職場で袋を開けたら、箱が湿ってぐにゃぐにゃになってました。こりゃいかん、と思って職場の冷凍庫に放り込んで、休み明けに凍ったまま配りました。誰もお腹を壊さなかったぞ、と。

写真、上は途中の消防署。
下は栗まんじゅうを入れてくれたレジ袋。

鶴華くるみまんじゅう

4/28 8:41
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-05-20 13:12 | To get profit | Trackback | Comments(0)