ホーム(ieji.org) >

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
ACAの疾病モデル
c0001491_2155553.jpg
ACBBの「医師の意見」より、ACAの疾病モデル。

三角形の上が「身体」で、PTSD・解消されないトラウマ・ネグレクト。
左下が「精神」で、洗濯のリスト・14の欠点。
右下が「魂」で、隠されたインナーチャイルド。

AAのビッグブックでは、医師の意見で身体(physical)と精神(mental)の2要素が説明され、霊的な病気の話が出てくるのは第5章になってからですが、こちらでは最初から霊性の話が出てきます。

「これは機能不全家族の疾病モデルを図にしたものだ。このモデルは私たちの状態と性格を説明している。私たちは子供時代に、アルコホリズムあるいはその他の家族機能不全によって、身体、精神、そして魂に影響を受けた。私たちの身体には、トラウマ・ネグレクト・拒絶がPTSD(心的外傷後ストレス障害)として蓄えられている。私たちの精神は、洗濯のリストに挙げた欠点や、生き残るための偽りの自分を発達させてきた。私たちのハイヤーパワーへの真のつながりであるインナーチャイルドは覆い隠されている。ACAの回復のプロセスは、これを逆転させるものだ。
予想されること:もしあなたが、この3つの要素のうち2つを抱えているなら、残りのひとつも抱えている。例:トラウマ・ネグレクト+14の欠点=隠されたインナーチャイルド」


> 6-9倍というのが正しい推測値だゲロ。

さすがにそれは誇張でしょうけれど^^; それでも4~5倍にはなりそうです。何でそうなるかというと、AAのビッグブックにはない伝統のことや、スポンサーシップやサービスに関することなど、AAの本の何冊ぶんを一冊にまとめているからです。
日本語訳もこの分厚い本を全部訳したわけではなく、とりあえず必要な部分が出来上がったという話だったと思います(記憶曖昧)。

巻末にACAが(機能不全家族 dysfunctional fimiliesのACを含みながら)Adult Children of Alcoholics の名前を変えない理由が書かれています。いくつかのグループがACにより広くリーチしようと名前を変えてみたが効果が無かったため、アルコホーリクの名前を残すことにしたのだそうです。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-28 21:06 | Bookplate
アダルトチルドレン・ビッグブック
c0001491_234275.jpg
Adult Children of Alcohlics/Dysfunctional Families

Adult Children of Alcoholics World Service Organization/発行

アメリカのACAの基本テキスト。たぶんこれがACBB(アダルトチルドレン・ビッグブック)なんだと思います。違っていたら教えてね。Red book(赤本)と呼ばれるだけあって、表紙は鮮烈な赤です。
c0001491_2343595.jpg
上がACビッグブック、確かにビッグブック(厚い本)で、650ページあります。下がAAのビッグブックです。AAのビッグブックも厚いですが、2/3は「個人の物語」で、前半は200ページありません(紙が挟んであるところまで)。ACビッグブックには個人の物語はなく、すべてプログラムの説明です。

つまりACAのプログラムの長さは3倍です。それだけACの問題というのは大変なのかもしれません。
日本語訳を手に入れたいものです。


CONTENTS
目次

"Adult Child"
 アダルトチャイルド
We Have Our Book
 私たちの本ができた
"The Laundry List"
 洗濯のリスト(ACの14の特徴)
Welcome to ACA
 ACAへようこそ
A Message to Nonmembers
 メンバーでない人へのメッセージ
Introduction
 前書き
ACA Disease Model
 ACAの疾病モデル
The Doctor's Opinion
 医師の意見
Adult Children of Alcoholics and Its Beginnings
 アダルトチルドレン・オブ・アルコホーリクスとその始まり

SECTION I
Chapter I The Laundry List - Problem
 第1章 洗濯のリスト―問題とは
Chapter 2 "It Will Never Happen to Me"
 第2章 「私は回復できないと思う」
Chapter 3 "My Parents Did Not Drink But I Can Relate"
 第3章 「両親は酒は飲まなかったが同じだった」
Chapter 4 Hitting an ACA Bottom
 第4章 ACAの底付き
Chapter 5 ACA is a Spiritual Not Religious Program
 第5章 ACAは宗教ではなく霊的なプログラムである
Chapter 6 ACA - How It Works
 第6章 ACA―どうすればいいのか
Chapter 7 The Twelve Steps of ACA
 第7章 ACAの12のステップ
  Step 1/Step 2/Step 3/Step 4/Step 5/Step 6
  Step 7/Step 8/Step 9/Step 10/Step 11/Step 12
Chapter 8 The Solution: Becoming Your Own Loving Parent
 第8章 解決:あなた自身が自分の愛なる親となる
Chapter 9 Questions and Answers About ACA
 第9章 ACAについてのQ&A
Chapter 10 The Importance of Service in ACA
 第10章 ACAにおけるサービスの重要性
Chapter 11 ACA Sponsorship: Fellow Travelers
 第11章 ACAのスポンサーシップ:共同体を旅する
Chapter 12 Relapse
 第12章 再発
Chapter 13 Relationships: Applying What We Have Learned
 第13章 人間関係:私たちが学んだことを実践する
Chapter 14 Taking Our Program to Work
 第14章 私たちのプログラムを職場で使う
Chapter 15 Beyond Survival: Practicing Self-Love
 第15章 サバイバルを越えて:自己愛の実現

SECTION II
Chapter 16 ACA and Therapy
 第16章 ACAプログラムによる治療
Chapter 17 ACA's Global Reach: Our International Fellowship
 第17章 ACAの国際展開:世界的な共同体へ
Chapter 18 ACA Teen
 第18章 10代のACA
Chapter 19 The Twelve Traditions of ACA
 第19章 ACAの12の伝統

SECTION III
Handbook for Adult Children
 アダルトチルドレン向けハンドブック
i) How to Start an ACA Meeting
  i) どうやってACAミーティングを始めるか
ii) Sample Meeting Format
  ii) ミーティングの進行手順の例
iii) Meeting Types
  iii) ミーティングの種類
iv) Sharing/Talking in Meetings
  iv) ミーティングで話し合い分かち合うこと
v) Group Organization/Procedures
  v) グループの組織・手続き
vi) Registering Your ACA Group
  vi) あなたのACAグループを登録する
vii) Intergroup/Regional Committee
  vii) インターグループ・地域委員会
viii) Hospitals and Institutions
  viii) 病院と矯正施設
ix) Twelve Concepts
  ix) 12の概念
x) ACA World Service Organization
  x) ACAのWSO(ワールドサービス機構)

APPENDICES
付録
Appendix A Looking Back to Look Forward:
 付録A:過去を振り返り未来を見据える
ACA in the 2lst Century
 ACAの21世紀
Appendix B Hearing a Fifth Step
 付録B:ステップ5の聴き方
Appendix C Our Fellowship Name
 付録C:この共同体の名前について
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-27 23:45 | Bookplate
勝弦(その3)
c0001491_22471299.jpg
地球の宝石箱という名の鉱物博物館です。
ボーリング事業をやっている鉱研工業という会社の運営です。
入ったことはありません(冬は休館)。

1/31 13:45
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-27 22:47 | Beyond the horizon
勝弦(その2)
c0001491_1226798.jpg
記念碑が建っています。奥はゲートボール場。
碑には書いていませんが、勝弦峠は武田勢が信州小笠原勢を破ったところです。
c0001491_12262538.jpg
 勝弦の地は江戸時代天領にして北小野村塩尻十一ヶ村諏訪九ヶ村の入会地であり荒涼たる山野であった この地を伐り開かんと塩尻の百姓儀左衛門外同志二十人が入会村の強い反対の中を相計り十数年に亘り幕府に命がけの請願を続け一七八〇年漸く勝弦新田として独立が認められたのである
 入植数年にして天明の大凶作に遭い幾多の困難を克服して開拓するも水源乏しく許可違い上の宮に湧出する豊富な水の引水について入会村に懇願一八〇九年漸く願望の用水路を完成し勝弦農業の基礎を築いた
 一八七五年明治維新により新町村制が施行され北小野村に合併筑摩地村勝弦となる
 爾来産業は水稲を柱に養蚕林業酪農等時代と共に変遷 塩尻 岡谷への新道開通により教育文化も向上二次産業への就業盛んとなる
 一九五九年塩尻市発足により北小野勝弦区となる僻地解消の為観光開発の声高まり一九七〇年ゴルフ場別荘地の誘致をなす
 一九七六年國鉄塩嶺トンネル掘削の影響により飲用水及び田用水の水源枯渇し水田に地割れ陥没現象起き國鉄は水源をトンネル内に求め上水浄の設置溜池の新設と共に水田の漏水防止対策として岩手大学農学部農地造成研究会が開発した破砕転圧工法より圃場整備をすることとなり同大学の先生方の技術的指導を受け一九八〇年完成したものである
 時恰も開村二百年の記念すべき年に当たり祖先 先輩の血と涙と汗の労苦を想起しわが郷土の限りない発展を希い茲に記念碑を建立す
一九八〇年十一月十六日 勝弦区中


> 私もなるほどと思いました。

第二列ってのは、まさに「相手が悪い」を書くところです。「相手が悪い」を否定してしまうと、棚卸表が書けなくなっちゃいます。

> それほど傷ついているとは、自分では最初は思っていない

暁姉さんの話を聞いていると、一つの場所にとどまり続けるのではなく、そこで結果が出る前にやめて次に行ってしまう印象があります。

「掃いて集めたゴミをカーペットの下に隠す」とは赤いきつねの本の言葉ですが、そうやって掃除が済んだふりをしても、ゴミはとどまり続け、次にカーペットをめくってみたときは、もっとひどいことになっているわけです。

結果が出るまで続けるってことは、どうしても必要なことですよ。

1/31 13:45
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-24 12:27 | Beyond the horizon
忘れる技術
c0001491_1845533.jpg
忘れる技術~思い出したくない過去を乗り越える11の方法
岡野憲一郎/著

目次
「忘れて」もらってもいいまえがき

第1章 忘れられない人々
 私自身の忘れられない思い出
 忘れられないケース①突然よみがえってくる「外傷記憶」
 忘れられないケース②けっして消えない恨みの記憶
 忘れられないケース③人を傷つけた加害者としての罪悪感
 忘れられないケース④過去に時問が逆流するうつ病
 忘れられないケース⑤過去にしばりっけられ、ある行為をくり返す強迫神経症
 忘れられないケース⑥脳が過去の興奮や快感を忘れない薬物中毒
 忘れられないケース⑦病気だとわかってもらえない依存症
 忘れられないケース⑧もって生まれた忘れない才能―サバン症侯群

第2章 なぜ忘れることができないのか
 忘れられない記憶の病理
 忘れられる記憶は「善玉の記憶」である
 「頭の記憶」と「体の記憶」の深い関係
 記憶はどこで作られるか―脳のなかの記憶の工場
 忘れられないのは、「欠陥のある記憶」
 驚異のサバン現象―天才児はなぜすべてを憶え、しかも忘れないのか?
 心の側から見た「忘れられないわけ」

第3章 忘れる技術を伝授する
 忘れる技術・その1 忘れたい刺激を遠ざける
 忘れる技術・その2 怒りやフラストレーシヨンを何かにぶつける
 忘れる技術・その3 賠償を要求する、訴える
 忘れる技術・その4 人に話す(カウンセリングを受ける)
 忘れる技術・その5 相手について知る(理解し、許す)
 忘れる技術・その6 新しい世界に踏み出す
 忘れる技術・その7 与える人生を歩む
 忘れる技術・その8 薬物療法を試みる
 忘れる技術・その9 思考制止術を用いる
 忘れる技術・その10 バランスシートを用いる
 忘れる技術・その11 名人に学ぶ―中島誠之助さんの例

あとがき


「忘れっぽくて困る」という悩みの反対に、忘れられなくて困るという悩みについて書かれた本です。テクニカルな本ではなくて啓蒙書です。

まず「忘れられない」という病理について、例を挙げて書かれています。①フラッシュバックを含むPTSDを引き起こすような「外傷記憶」。②危害を受けた恨みの記憶(ACの親への恨みを含む)。③加害の罪悪感(surviver's guilt含む)。④過去を後悔するうつ病。⑤強迫神経症。⑥快感を脳が忘れない薬物中毒。⑦ギャンブルなどのプロセス中毒。⑧自閉症によるサバン症候群。

第2章では、脳のネットワークの話を元に、なぜ忘れられるのかを説明します。記憶のうち、陳述的記憶は海馬が、手続き的記憶は扁桃体が担っており、その両者が結びつかない「不完全な記憶」になると忘れられなくなると説明しています。
c0001491_18454685.jpg
ついで、心理的な話として「心のバランスシート」を挙げています。これは図のように、人に与えた恩恵・受けた恩恵、人に与えた危害・受けた危害、を貸借対照表のように書いたものです。②の恨み、③の罪悪感は、この収支のバランスが均衡しないときに起こると説明されています。危害を受けたとき、私たちは相手に賠償させたいとか、謝らせたいという「収支バランスを均衡させよう」とする欲求が起こります。

ところで、人は自分が与えた傷は小さく、人から受けた傷は大きく評価するため、「心のバランスシート」は恨みの側に傾きやすいわけです。

危害を受けた場合には反撃をするのが、それ以上の危害を受けるのを防ぐのに有効な手段です。報復したいと感じるのは、生物が生き残って子孫を残していくのに必要な自己保存本能です。しかし現代社会では、報復行為は許されていません。そこで、将来いつか復讐をしてやる、と誓うことによって、報復できない現在の屈辱感や怒りに耐えられるようにする。これが恨みの正体です。

バランスシートの目的の一つは、自分に危害を与えた(将来も与える可能性のある)人物に報復する、報復できるという意識をはっきり持つことです。つまり自分には報復する権利があることを確認することです。

ビッグブックのp.95に棚卸し表を自分で見て、「最初にはっきりしたことは、この世間と世間の人間どもは何ともひどいものだということだった。(略)世間の人間たちにいつも不当に扱われ、自分たちは傷ついたのだ、というのがおおざっぱな結論だった」とあります。棚卸しをするときに、まず最初に「相手が悪いのだ」と結論することが何より大切だという、すみだGの○○さんの話を聞いたとき、なるほどと思ったものです。

その次の段階として、過去から抱えている恨みが、現在の自分自身を苦しめていることに目を向けます。過去には自分を支えてくれた恨みが、今ではかえってマイナスになっていることを知って、初めて人は恨みを手放そうと思えるのでしょう。

最初の段階は自分でも意識していない恨みにきちんと向き合うため、次の段階は恨みを忘れたいという欲求を形作るため。この二つの段階をきちんと踏まずに、いきなり相手を理解し許そうとすれば、かえって自分を傷つけてしまうでしょう。恨みの話が出るたびに「許せ、許せ」の大合唱になるのは実に困ったことなのです。
(ここら辺の話は僕が考えたもので、本の内容から外れていますが、許すことでかえって傷つくことがあるというのは本の内容から)。

第3章は、具体的な忘れる技術が紹介されています。それぞれの技術が有効な記憶の種類は○数字で書いておきます。

「忘れたい刺激を遠ざける」①、②、③、④、⑤、⑥
  心理的物理的に距離を取る。
「怒りやフラストレーシヨンを何かにぶつける」①、②
  ビル・Wもやった水療法とか、身体運動(二郎さんの山?)など
「賠償を要求する、訴える」①、②
  訴えなくても、言いたいことは言う
「人に話す(カウンセリングを受ける)」
  カウンセラー以外にも自助グループが挙げられています
「相手について知る(理解し、許す)」①、②
  therapeutic forgiveness(治療的な許し)
  聖書の「エフェソ人の手紙」に従った許しのための5ステップ
「新しい世界に踏み出す」②
  どんな「新しいこと」が役に立つかやってみないとわからない
「与える人生を歩む」③
  直接相手にできなくても未来ある人々すべてが相手になり得る
「薬物療法を試みる」①、④、⑤、⑥
  SSRIは強迫神経症にも効く。βブロッカーはPTSDに効く。
「思考制止術を用いる」①、②、③、④、⑤、⑥
  認知行動療法による訓練。
「バランスシートを用いる」②
  AAメンバーに棚卸しの効能を改めて説くまでもない
「名人に学ぶ――中島誠之助さんの例」
  事例紹介なんだけど・・・

岡野先生は東大卒業後、フランス、ついでアメリカで経験を積んで帰国。PTSD、解離、人格障害などの専門家で著書も多くあります。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-22 18:48 | Bookplate
勝弦(その1)
c0001491_1443151.jpg
諏訪から松本に戻る際、塩尻峠を越えず、その一つ南の勝弦峠を越え、北小野へ出てみました。勝弦は「かっつる」と読みます。

峠道を下っていくと、途中にちょっとした丘があります。
興味をかき立てられ行ってみると、丘の上は共有地で公民館になっていました。
ここから駅まで地域振興バスが通っています。日に2便。
要するに田舎です。


> 英語はさっぱり分からないので

いやいや、僕も英語は苦手ですから、日本語を聞いていましたとも。
勘違いされたのは、ドクター・ボブがどんな人なのかご存じないからでしょう。彼は生涯に五千人ものアルコホーリクをステップを使って治療したわけです。彼に匹敵する人がそんなにゴロゴロいるわけはありません。であるのに、ドクター・ボブみたいな人だったら大丈夫かもしれない、という表現を使ったわけですからね。

1/31 13:42
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-22 14:45 | Beyond the horizon
天空の青
c0001491_21534568.jpg
去年のヘブンリーブルーの写真。
せっかく伸びていたのに、成長点を傷つけてしまったため、それ以上伸びませんでした。今年は屋根まで伸ばしたいものです。


> ドクターボブのような人なら

僕にはあれは、「ドクター・ボブのような人は滅多にいないから、女性のスポンサーを探した方が良い」という意味に聞こえました。ミーティングに通うのに新幹線に乗る人もいるのです(九州の人)。スポンサーが少々遠くても構わないと思いますけどね。

9/22 8:38
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-21 21:57 | Sonyano
マクド
c0001491_1922612.jpg
スポンシーが電車でやってきて、ビッグブックの分かち合いを始める前に、マクドナルドでお昼ご飯。

先日の奈良のワークショップでのこと。質疑応答の時間に、ある人が「スポンサーから、スポンシーが多すぎるのは良くないと言われているのだが」という質問をしていました。頼まれたスポンサーシップを断ることなど考えられない、というご意見のようでした。

なぜスポンシーが多すぎると良くないか、講師の人の説明。
一つは、スポンサーをやらせてもらうのは自分に与えられた恩恵であり、その恩恵を独占してはいけない、ということ。もう一つは、自分がスポンシーに割ける時間には限りがあること。自分の生活を犠牲にしてスポンシーに時間を割くのは、決して良いことではなく、結局は自分が蝕まれる。その限りある時間を、たくさんのスポンシーに分割してしまったら、行き届かなくなる。それでは相手の回復のチャンスを奪うことになるから。


> 素晴らしいポスターかと、思います

GAの○゙○さんの作だそうです。

10/10 11:59
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-21 19:23 | Dinner table
奈良行き(その9)
c0001491_2111561.jpg
ワークショップの参加証。
講師のラリーさん・・ではなく、大仏さんです。ラリーさんは身長体重ともデカい黒人の巨漢でした。

修了証は後日郵送。


> 「味噌煮込みうどん」

高速のSAで食べさせてくれるところがあったかな。

> 九州でもとれるのに、なんで伊勢エビ

献上されたからでしょう。

> 突っ込むのが礼儀

・・・いや、えーと、いろいろな平和のために削除させていただきましたm(__)m
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-18 21:12 | Beyond the horizon
奈良行き(その8)
c0001491_152127.jpg
三重まで行って、サービスエリアでの晩ご飯は「伊勢エビラーメン」。

2/7 20:33
[PR]
by kokoro-no-iede | 2010-02-18 01:52 | Dinner table