ホーム(ieji.org) >

<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
渋谷にて(その1)
c0001491_22534523.jpg
東急近くのお好み焼き屋で腹ごしらえをして、信田さよこ先生が出る学会の公開シンポジウムに向かったのでした。
それを聞いて、先生がアミティに対してかなり否定的だったことに少々驚きました。僕はアミティ治療共同体については詳しくありませんが、依存症だけでなく暴力性の治療に評判の高いところだと聞いていたからです。もっとも否定されたのは、DV加害者や性犯罪者の処遇における数年程度の比較的短期の評価に限ってのことですが、それにしてもこうした治療手法は数年で評価ががらりと変わり得るわけです。
スレイング・ザ・ドラゴンを読んでいると、ある時期に流行った治療手法が、しばらく後にすっかり廃れるということが繰り返されているのが分かります。精神や心理の分野に取り組んでいる人は、常に新しい物を追いかけていかねば取り残されてしまうわけで、それは大変な職業でしょうね。
コンピューター・エンジニアリングの分野もどんどん時代が移り変わっていくので、中年になっても勉強と修練が欠かせないのですが、他の仕事でも同じことはあるのだと思いました。

急に円高に振れたのでGrapevineの購読を更新しました。ご心配ありがとうございます。

9/26 12:26
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-28 22:55 | Beyond the horizon
今月のGrapevine
c0001491_19302289.jpg
ようやく2009年の一月号。
購読がexpireしたので更新しろという手紙がきましたが、4,000円を出し惜しんでいます。

特集は TREATMENT CENTERS: Getting the Message Inside 治療施設へAAのメッセージを運ぶ。

でも特集とはまるで関係のない一編を。

One of the Birds
鳥の一羽
A former drinker, gambler, and womanizer talks about his fifty-nine years in AA.
かつて酒とギャンブルと女に溺れた男が、AAでの59年間を語る。

Upland, California の Dick C. が、Suzy P. のインタビューに答え、最後の飲酒からおよそ60年間の経験と希望と力を分かち合う。

SUZY P: Dick、本当に敬服するしかありません。アルコールを最後に飲んだのが34才のとき、そして現在93才とうかがっています。ミーティングでのあなたの姿にいつも勇気づけられています。Grapevineの読者もきっとあなたのストーリィを知りたいと思うでしょう。最後に飲んだ酒について話していただけますか?

DICK C: 最後に飲んだのは1949年の6月15日だった。友だちの一人が私をタンスに押し込んでこう言ったんだ。「俺がこれから何をするか教えてやるぜ。お前が今日飲めるだけの酒を買ってやる。いくらでも望むだけな。もし俺と一緒に今夜アルコホーリクス・アノニマスのミーティングに行くならば、だがな」 彼は金持ちだったから、私は金を使わせようと思ったんだ。だから私は「ようし分かった」と答えて、その日はしこたま飲んだ。それでその晩ミーティングに行ったんだ。そこに三人いてね、この気違い連中と酒をやめるなんて、とんでもない場所に来てしまったなと思ったよ。ミーティングが終わる頃には部屋の後ろの席で寝ていたさ。そして3日後にDT(振戦せん妄)が来た。大声で叫んだよ。それでも私は酒を拒んだし、医者に行くことも拒んだ。代わりにミーティングにいた人たちがそばで話しかけてくれたんだ。それからの長い話をぐっと縮めるとすれば、今日一日飲まないことを続けて、その日から今日まで飲まないで来られたわけだ。

S: ミーティングにはどれぐらい出てらっしゃいますか?

D: 当時 Pomona, Upland, Ontario のあたりの町では週に一回しかミーティングがなかった。そこで私たちはキャラバンを組み、4~5台の車に乗り合わせてほうぼうに行った。行ってみるとミーティングをやっていないこともあったが、一緒に行った人たちだけでもミーティングをするには十分な人数がいたよ。最近は平均すれば一日に最低一回出るぐらいだね。

S: ミーティングのどんなところが好きですか?

D: ことわざに「birds of a feather flock together(同じ羽の鳥は集まる=似たもの同士は惹かれあうの意)」というのがあるだろう。しばらくミーティングに出続けていれば、自分もその鳥の一羽だと分かるようになる。その群れと一緒にいれば、彼らの話し方ややり方が分かってくる。そうすれば自分が何に属しているかも分かる。ご存じだと思うが、かつては酒とギャンブルと女が私の人生だった。今ではアルコホーリクス・アノニマスで私に似た人たちと集まることが私の人生を進めてくれるよ。

S: AAは将来どんなふうに変わると思いますか?

D: 将来もAAの目的は変わらないはずだ。ここ数年で気が付いたことだが、多くの薬物依存症者が(AA)ミーティングに遅れてやってきてはアフターミーティングに参加している。そこで話してみると、彼らは他の共同体よりもAAミーティングで心の平和をより多く見つけているようだ。しかし私は彼らに、ここはアルコホーリクス・アノニマス(無名のアルコール依存症者)なのだと伝えている。つまるところ、私たちがこのことを前面にはっきり押し出していかなければ、いつの日かミーティングが厳密なアルコホーリクス・アノニマスのミーティングとは思えなくなってしまうだろう。
 私たちの多くは確信するようになった、アルコールが問題なのではなく、私たち自身が問題なのだと。もし私たちが手を出さなければ、アルコールは100年だってボトルの中にとどまり続けるはずだ。私たちが肉体のアレルギーと精神的とらわれを持つアルコホーリクだからこそ、アルコールをうまく取り扱えなくなってしまったわけだ。社会的飲酒者は「一杯やりに行こう」と言って、実際そのとおりに(一杯だけに)することができる。けれど私たちアルコホーリクが一杯やりに行ったら、自分の扱える限界を越えて飲んでしまう。

S: あなたはビル・Wに会ったことはありますか?

D: ビル・Wと握手したことはないね。ただ彼が出席したコンベンションには2回行った。5フィートか6フィートの距離だったよ。それからドクター・ボブの姿も一度見たことがある。二人とも見た感じがよく、一緒にいると気分が良くなる人たちだった。アルコホーリクス・アノニマスではすばらしい人たちにたくさん会えたが、彼ら二人は特別に印象的だった。

S: AAなしの人生を想像できますか?

D: 無理だね。AAは私がソーバーになった手段だからだ。AAの教えを私の暮らしに使うことでね。何かの食べ物や飲み物や他の何かを摂ってはいけなくなったとしても、それなりにうまく生きていけると思うが、アルコホーリクス・アノニマスなしで生きるのは無理だ。なぜなら、もう私はその一部だからだ。先ほど言った古いことわざ「同じ羽の鳥は集まる」の通りだ。人々はAAにやってきてはこう考える、「うん、これは私には効果がないに違いない」とね。けれどAAに効き目がないんじゃなくて、彼らが試してみないだけだ。AAには効果がある。

S: 他にあなたと同じぐらい長く飲んでいない人を知っていますか?

D: 知らない。もし私よりソーバーが長い人がいたらスポンサーを頼もうと思って探しているんだが、やはり見つからないね。ともかくこの近くにはいないことは分かっている。きっと老人ホームみたいなところにいて、ここにいないだけだろう。ともかく、今日という日も飲まないでいられるのは素晴らしいよ。

Suzy P.
Upland, Calfornia

表紙の絵はAAのミーティング風景。
12のステップと12の伝統の紙が張ってあります。断酒会で「一日断酒」と「例会出席」が張ってあるのと同じか。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-26 19:32 | Grapevine
もうそんな季節
c0001491_2352282.jpg
c0001491_235295.jpg
プロテスタントの教会の一室をお借りしてAAミーティングをしていますが、クリスマスの飾り付けはまだまったくありません。それに比べて世俗のクリスマスは早いこと早いこと。
パルコの前にもクリスマスツリーがお目見えしていました。
去年の飾り付けパーツが再利用されている気がします。エコロジカルというかエコノミカルというか。


> お米は粒状なので...電気を通さない

では、機会があったらお餅を持って測ってみましょう。

> なにやってんすかw

人生を楽しむ能力を鍛えております!

> 30キログラムをいつも抱えているのが私の体重です

今より20キロ近く多かったときは、体がずいぶん重く感じられ、階段を上り下りするのも息が切れました。血液検査で肝臓の数値が悪化し、医者に理由を聞いたら「酒で肝臓が痛んでいるのに太って負担をかけたからだ」と言われて痩せる気になったのです。
昨夜はテレビで190Kgある女性のことを放映していました。彼氏にデートDVでぼこぼこにされ、ストレスコーピングで食べるうちに過食症に・・・。痩せるよりまず心の治療が先でしょって感じでした。比較すると森三中が痩せて見えました。
かんたさんはその女性の半分以下ですから、大丈夫痩せています(太鼓判)。

> 米10キロでどの位の期間、賄われる

水分含有量や精米度合いによっても違いますが、米一合は約150g。
10Kg÷150g=66.7 だから米10Kgで67合ですな。
一合炊くとお茶碗に軽く2杯分。
2合炊き、保存容器5個に分けて冷凍保存します。
だから一食あたり0.4合。
(体を使う仕事ならともかく、デスクワーカーがそれ以上食べたら太ると思う)。
これを米10Kg(67合)で計算すると、
67合÷0.4合=167
つまり米10Kgは167食分です。

11/19 18:52
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-25 23:54 | Mirjam
複線(その2)
c0001491_144987.jpg
この写真は9月に実家で稲刈りをやっていたとき、上の子が吹奏楽の発表を市民会館でやるので、途中抜け出して見に行った帰りに撮影しました。
今日実家に行って、その時収穫した新米を10Kgもらってきました。

お風呂に入る前に体重計に乗ると、53.5Kg, 8.9%でした。
もらってきた新米10Kgを手に持って再計測すると、63.7Kg, 20.0%。
体脂肪率が11.1%増えています。新米は脂肪分だったのか。

9/22 15:04
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-21 01:45 | Rural Life
またGrapevine
c0001491_2371266.jpg
同じく特集 Life After Relapse より

No One Knows HE WAS HOME
Once on the same path, on AA grieves her cousin's death from alcoholism.

 月曜の朝、私は父に折り返し電話をかけるために、少し早く職場に出かけました。そして父の声を聞いた途端に、それが良くない知らせであることが分かりました。

 従兄弟の52才のスコットが、アパートの床に倒れて死んでいたというのです。彼はここ3日間音沙汰が無く、母親つまり私のおばが友人と警官を彼のアパートに差し向けました。そしてドアを破って入り、彼を発見したのです。

 スコットはおばの3人の子供の一人でした。私は一人っ子でしたから、いとこたちを兄弟代わりにして育ちました。他の二人のいとこはキャリアも人生も充実させましたが、スコットと私の二人は不適合者で、誤解を受け、反抗ばかりしていました。スコットと私は別々に自己破壊の旅を始めました。私の武器はアルコール、彼のはアルコールとドラッグでした。

 私はすぐに、5ヶ月前におばとした会話を思い出しました。私はフロリダの両親のもとを訪れていました。両親は私のソブラエティ(飲まないで生きること)の経過をおばに知らせていたようです。私は9月にリハビリ・センターに21日間入所しました。その前にAAに4ヶ月通ったのですが、どうも自分ではものにできそうになかったからです。

 リハブでの3日目の朝でした。私はアルコホリズムの生理学の授業に出ていました。それを聞いてすべてのつじつまが合いました。今の私の状態は、道徳的欠点や弱さではなく、ガンと同じで、治療をしなければいずれは死ぬ運命だと。

 私はリハブを出た後、AAの椅子に戻りました。2ヶ月前に1年になったところです。(第6章の12の)約束は日々実現しています。この共同体は命を救い、霊的な支えになることが分かりました。

 おばはどうやったら従兄弟を「入会」させられるかと尋ねてきました。それは彼自身が決めることだと答えました。誰でもステップ1から旅を始めますが、ステップは彼自身がやらなくてはならないことです。おばにはアラノンのミーティングを探すように伝えました。彼や彼の病気はおばにはコントロールできず、できるのは彼女自身のことだけだと説明しました。

 従兄弟が「入会」してくることはなく、おばもアラノンを探しませんでした。でも私は飲まない生活を続けました。

 その朝、私は深く悲しみました。その時の私の気持ちを何と表現したらいいか。二つの思いが私の気持ちを乱していました。一つは、従兄弟の経験した苦しみです。もう一つは、なぜこの(AAの)椅子に座っているのが、彼ではなく私なのだろう、という疑問です。

 私の出るミーティングは、たくさんのオールドタイマーに恵まれています。私のハイヤーパワーは、まさに私に必要なものを与えてくれました。皆が経験と希望と力を分かち合っている中で、ある人の言葉が私に一番でした。

 「私たちは選ばれてこの部屋にいる。この部屋に一人いれば、この部屋を見つけられないまま死ぬ人は千人いる。アルコホーリクス・アノニマスはそれが必要な人のためのプログラムではない。それを求める人たちのものだ」

 その思いを胸に、私は自分のことに集中し、仕事に戻りました。おばには電話をかけお悔やみを伝えました。その日の夕方、私は祈り、黙想し、そして神の恵みによって、翌朝も仕事に行って新しい飲まない一日を始めました。

 スコットにも神の恵みがありますように。

Lisa M. Strudsburg, Pennsylvania

Alcoholics Anonymous is a program for those who want it, not those who need it.
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-17 23:07 | Grapevine
複線
c0001491_2322685.jpg
9/22 15:03
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-17 23:02 | Rural Life
天空の青
c0001491_22212849.jpg
晩夏から中秋にかけて楽しませてくれたヘブンリーブルーも既に枯れたツルが残るのみです。撮影したこの日は風が強く、花もあおられて哀れでした。
種はたくさん穫れました。
母に言わせると、種は全部一度に蒔いて、生えてきた中から元気なものだけ残し、あとは全部おろぬくのが良いそうです。いやまあそうだけど、ほうれん草の種を蒔いてるんじゃないんだからさ。

それはともかく、そろそろイチゴの冬支度をせねば、と思いながらものばしのばしです。年賀状も、今年はメールで済ませられるものはメールにしようかな。

9/21 11:23
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-12 22:22 | Sonyano
森田療法
c0001491_15078.jpg
森田療法
岩井寛/著

目次
「最後の自由」――追悼・岩井寛先生 松岡正剛
はじめに――「森田療法」とは何か
1 森田療法の基礎理論
 1 「生の欲望」と人間
 2 人間心理の発達過程
 3 「生の欲望」の二面性
2 神経質(症)のメカニズム
 1 神経質(症)者の性格
 2 「ヒポコンドリー性基調」とは何か
 3 「精神交互作用」について
 4 「とらわれ」の心理
 5 「はからい」の行動
3 神経質(症)の諸症状
 1 神経質(症)とは何か
 2 神経質(症)の類型
  ① 強迫観念(強迫神経症)
  ② 不安神経症(発作性神経症)
  ③ 普通神経質
4 神経質(症)の治し方
 1 入院療法と外来療法
 2 「精神交互作用」を打破する
 3 「とらわれ」と「はからい」からの脱却
 4 「あるがまま」と「目的本位」
 5 自己実現と自己陶冶(とうや)
5 日常に生かす森田療法
 1 成就した「あるがまま」体験
 2 私にとっての森田療法
 3 「あるがまま」の本質
おわりに――生と死を見つめて


> 駱駝本

Perlとか正規表現とか、ちっとも頭に定着してくれません。必要になるたびに文法書と首っ引きで書いています。たぶん一生憶えられないのでしょう。
最近はフロッピーのついていないPCも増えました。時代は変わるものです。

> 神奈川県の名物

サンマー麺は食べたことがありません。そのうち機会があるかもしれませんが。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-11 01:05 | Bookplate
発達障害の子どもたち
c0001491_16332059.jpg
発達障害の子どもたち

杉山登志郎/著

目次
第一章 発達障害は治るのか
第二章 「生まれつき」か「環境」か
第三章 精神遅滞と境界知能
第四章 自閉症という文化
第五章 アスペルガー問題
第六章 ADHDと学習障害
第七章 子ども虐待という発達障害
第八章 発達障害と早期療育
第九章 どのクラスで学ぶか――特別支援教育を考える
第十章 薬は必要か
あとがき
参考文献一覧

なんで発達障害の本を読んでみようかと思ったか、それはAAとネットでの経験から、アルコール依存症の人にはかなりの高率(おそらく半分以上)で発達障害あるいはその傾向が見られる、という仮説を僕が持ったからです。
AAのスポンサーとしては「やる気」のある人を相手にすれば良いのですが、では「やる気」の無い人たちはどうしてやる気が出ないのでしょうか。どうして彼らの認知は現実とこうもズレているのか。そもそもアルコールの治療(医療と自助グループ)に反応が悪く、良くなることを忌避する人たちとはどんなものか。
おそらくそういう「レスポンスの悪い」人の中には、かなりの確率で何らかの形の発達障害が隠れているのではないか。
これからはアルコールや薬物の問題だけのシンプルなケースはますます減ると思います。大学を出て働いた経験があるからと言って発達障害がないとは限りません。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-09 16:33 | Bookplate
STATISTICS HACKS
c0001491_065100.jpg
c0001491_061164.jpg
(買った本を全部載せているわけじゃないんですけど)すげぇ久しぶりに仕事関係の本を買ったので、うれしさのあまりに載せてしまうのです。

それが無味乾燥な言語の解説書ではなく気楽な本で、しかもオライリーの本だとなれば載せないわけにはいきません。ただオライリーの本は技術系の人が訳すので、訳には期待してはいけません(などと、自分のGrapevineを棚に上げて言う)。

Statistics Hacks
Tips & Tools for Measuring the World and Beating the Odds
統計の基本と世界を測るテクニック

Bruce Frey/著
鴨澤眞夫/監訳
西沢直木/訳

本書『Statistics Hacks』は、統計(Statistics)の基礎と実生活で活用する方法(Hack)を解説する書籍です。統計的な考え方になじみのない読者や、再確認したい読者のために、前半では基本的な考え方や統計ハッカーの必須ツールを分かりやすく解説。後半では、良い標本の抽出方法、適切なアンケートの設問内容、テスト結果で自分のランクを正確に知る手法など、統計をビジネスや教育など実生活で活かす方法を解説し、さらに企業の寿命予測や、医学的な診断結果を正しく理解する方法、スポーツの結果予測、文章解析など、ユニークな応用方法まで紹介します。本書で解説する手法は、世界の「つながり」を理解するための、また統計を悪用する企みに気づくための強力なツールになることでしょう。


> 素きしめんにしては「一味唐辛子」が多い

素きしめんに唐辛子はかけちゃいけないの?

> 「にかけ」

ノブログ:放浪うどん旅/岡崎にかけ
によると、

・うどんの汁の境は豊橋と岡崎の中間
・伊勢湾周辺のうどん(きしめんもにかけも)コシがない

確かに名古屋で食べたきしめんや味噌煮込みうどんにはコシがありませんでした。のぶさんのお母さんは境界線の東側出身者だから、にかけの汁も黒いのですね、きっと。

神奈川にサンマーメンがあり、静岡ににかけあり、名古屋にはきしめんと煮込みうどんがある。山梨にだってほうとうがある。長野には何か無いのか?
ローメン? ・・・あれはちょっとな。
  ・
  ・
  ・
なんだ、ソバがあるじゃないか。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-11-09 00:07 | Bookplate