ホーム(ieji.org) >

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Valentine Day の収穫(その4)
荷姿はこんな感じ。
c0001491_124887.jpg
開けてみると、中にはロシナンテじゃなくてロクシタンと、包みが。
c0001491_015128.jpg
包みを開けてみると、ケーキでした。
c0001491_015258.jpg


> 昨日、今日と、中休みしてますが、明日からは

なるほど、ダイエット週休二日制なのですね。

> ホワイトディーのお返しは何に

本命の方にはiPodをお贈りしました。義理の方々にはそれなりでした。
ところで、かんたさんは ブルガリのチョコ のお返しは何にされたのですか?

> 本命と判断した理由は?

基準は こちら でございます。
(何度この記事をリンクしたことか)。

2/14 12:42
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-05-23 00:16 | Mirjam | Trackback | Comments(4)
Valentine Day の収穫(その3)
c0001491_23144035.jpg
c0001491_2314489.jpg
これは本命チョコ。

外国製のチョコは果てしなく甘いかったです。

おおよそひと月ぶりに、いろんな人のブログを追いかけています。
再飲酒される人もあり、過酷なダイエットにいそしむ人もあり(かんたさんのダイエット再開に合わせてグラフ作りも再開いたしました)。

それにしても・・・再飲酒したのなら、いままでと何かを変えれば、今後結果も変わってくると思います。でも何も変えずに同じ生活を続けるのが、アル中さんの毎度のパターンです。なんだかんだ言っても、たまに再飲酒と称して酒を飲む生活がお気に入りなのでしょう。それだったら我慢せずに毎日飲めばいいのに、と思うのです。


> で、本命チョコの画像はネットに流出させないのでありますな。

いえいえ、ほらこのとおりでございます。

2/4 0:46
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-05-21 23:17 | Mirjam | Trackback | Comments(1)
Valentine Day の収穫(その2)
c0001491_23264340.jpg
メリーのチョコレート(義理)。

メリーチョコレートのサイト によると、日本でバレンタインにチョコを贈る習慣を作ったのはメリーチョコなのだそうです。

ここだけの話ですが(と全世界に向けて書くのですが)、実は僕は結婚するまでバレンタインにチョコレートをもらったことがありませんでした。最初の独身時代に一度だけ母に板チョコを恵んでもらったのですが、「あら、今夜同級会なのに、手ぶらで行くわけにはいかないわ」と、母に奪い返されてしまい、成果はゼロになってしまいました。

先日、非モテ男たちと非モテ女たちが、結婚できない理由を相手方になすりつけ合うテレビ番組を見ました。現在の社会システムは個人に「恋愛で結婚するように」と強制しているので、それで困ってしまう人、疲れてしまう人も増えているのでありましょう。

2/4 0:39
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-05-20 23:27 | Miscellaneous | Trackback | Comments(1)
Valentine Day の収穫(その1)
c0001491_23104989.jpg
地球の軌道運行とは何の関係もなく勝手に季節を刻む「心の家出」。
なので今ごろ2月のネタです。

これは残念ながら義理チョコですね。

え? 義理と本命をどうやって見分けるかって?
それは 朝日新聞 に載ってました。

モロゾフって神戸じゃ有名なところなのかな。
しっかりバーコードがついていましたが、中身はおいしくいただきました。
この方から最近いただいたメールによれば、めでたく彼氏と同居したそうです。ちょっと悔しい気もしますが、ご多幸をお祈りいたします。

2/18 1:22
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-05-19 23:11 | Miscellaneous | Trackback | Comments(0)
みそ汁世界・3
c0001491_21451566.jpg
神のみぞ知るセカイ 第3巻
若木民喜/著

第1巻第2巻


> 日本映画史横断④

ひと月ぶりの更新なので、もう期間も残りわずかになってしまいましたm(__)m。

> 玉の輿に乗れそうですよ~。

こちらも亀レスになってしまいましたが、おめでとうございます。
ってお祝いを言うのはまだはや~い!

  「あやまちは安き所になりて、必ず仕る事に候ふ」
           (徒然草109段~高名の木登り)

とあるとおり、安定した地面につくまで気を抜いてはなりませぬぞ。
将棋でもなんでも最後の詰めが肝心です。

皆さまいろいろ片づいていかれるようで、ほっと平らな胸をなで下ろすひいらぎでありました。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2009-05-18 21:46 | Bookplate | Trackback | Comments(0)