ホーム(ieji.org) >

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
荒神山公園(その4)
c0001491_1435118.jpg
溜め池の周りには遊歩道が設けられていて、ウォーキングや犬の散歩をさせている人達がいました。林のすぐ向こうは中央道が通っています。

8/11 18:01
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-28 01:44 | Miss M | Trackback | Comments(0)
荒神山公園(その3)
c0001491_0171172.jpg
そしてなぜか山の上に溜め池がありました。
下の川から揚水しているようです。

8/11 18:01
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-26 00:17 | Miss M | Trackback | Comments(0)
荒神山公園(その2)
c0001491_0205369.jpg
温泉スタンドでお湯を売っていました。
頂上には町営のホテルが建っていますから、おそらくこのお湯に入れるのでしょう。

8/11 17:59
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-25 00:21 | Beyond the horizon | Trackback | Comments(0)
荒神山公園(その1)
c0001491_1729732.jpg
辰野にある小高い山に車で上ってみたら、頂上に公園がありました。
右奥の建造物は、昔この地で使われていた登り窯を復元したものだとか。

(このブログのアクセス数は一日40~50です)

8/11 17:56
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-22 17:32 | Miss M | Trackback | Comments(0)
バック・トゥー・ベーシックス
c0001491_1173174.jpg
"Back to Basics - The Alcoholics Anonymous Beginners' Meetings"
Wally P./著

『基本に帰れ』~AAビギナーズ・ミーティング
1時間のセッション4回で12のステップに取り組む方法。

いろいろ批判はあれども、海外ではずいぶん広がってきているようです。
どんなことであれ「基本に忠実である」ということは大切なことですね。
とゆーか、ステップの基本てそんなに何年もかけないと理解できないほど小難しいことじゃない・・・ってことでしょうか。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-22 01:19 | Bookplate | Trackback | Comments(0)
エビー、ビル・Wのスポンサーを務めた男
c0001491_1554621.jpg
c0001491_15541556.jpg
"Ebby - Then Man Who Sponsored Bill W."
Mel B./著

(エビー、ビル・Wのスポンサーを務めた男)

第1章ビルの物語にビルの「古い友人」として登場し、ビルに「霊的な処方箋」を与えたのがエビー・Tです。


分野部門という意味のendであれば、's がつかず Wit End となると思いますが・・・あんまり自信がありません。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-19 15:55 | Bookplate | Trackback | Comments(0)
動機づけ面接法
c0001491_263390.jpg
『動機づけ面接法』基礎・実践編
ウィリアム・R・ミラー、ステファン・ロルニック/著
松島義博、後藤恵/訳

Motivational Interviewing - SECOND EDITION
Prepare People for Change

「なぜ人は変わることができるのか?」という問いは、かなり新鮮です。
だって、人は変われるのが当たり前だと思っていれば、なぜ変わるという問いは生まれてきません。同時に、変われない奴は変わる意志がない(やる気がない)からだという結論にもなってしまいます。
問いの裏を返せば「なぜ人は変われないのか、変わることを拒むのか」ということでもあります。
人は変わりたい・変わりたくないの、両方の気持ちを同時に抱えるものです。酒をやめることにせよ、治療を受ける(たとえばステップ)にせよ・・・。

カウンセラーにせよなんにせよ、プロになるのは大変なんだねぇ、と感じる一冊です。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-17 02:07 | Bookplate | Trackback | Comments(1)
今月のGrapevine
c0001491_1131177.jpg
DATING♥SOBER
ソーバーとデートする

「愛し方を知ったアルコホーリク」「独身に戻るのは失敗したからじゃない」「AAメンバー同士の本当のパートナーシップ」などなど。なぜかステップ4がらみの話。愛することとステップ4は切っても切れない関係なのか・・・。

人を好きになるときに、その人の長所ばかりを好きになるとは限らないですからねぇ。

そういえば、ビルの仕事場 Wit's End は「知力の限界」という意味なのでしょうか?


> こちらでは「ろくったま」は「ろくすっぱ」、「どじょこいて」は「おだこいて」です。

似ていますねぇ。実は長野県内でも、峠ひとつ越えると言葉が違ったりします。方言を話せる人も少なくなってきました。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-09 01:14 | Grapevine | Trackback | Comments(1)
palimpsest
c0001491_22551189.jpg
palimpsest, alcoholic アルコール性記憶喪失,パリンプセスト
〔palimpsest=前に書いて消した文字の跡が残っている原稿〕
意識喪失の起こらなかった記憶喪失で、飲酒中または直後に起こった一部のできごとについての記憶を喪失したことに対してBonhoefferのつけた名称。このような記憶喪失は、アルコール症のどの時期にも見られるし、アルコール症者でなくとも身体的または精神的な疲労のあるときに飲酒した場合にも起こるが、アルコール嗜癖の発端または前駆症状であると考えられている。これは一般には、ブラックアウト(blackout)と呼ばれている。
また時には、普通のささいな記憶ちがいと混同されることがある。

8/8 19:11
[PR]
by kokoro-no-iede | 2008-02-01 22:55 | Alcoholics Anonymous | Trackback | Comments(0)