ホーム(ieji.org) >

Southへ(その16・AAミーティング1)
c0001491_9524420.jpg
ミーティング会場へはすぐに着きました(十分歩いていける距離)。Wolfe Street Centerというalano clubでした。アラノクラブというのは、AAやアラノンのミーティング会場を用意するために、有志がお金を集めて借りている建物のことです。(各グループは使用料を払って建物の部屋を借ります)。

ウォルフ・ストリート・センターは、以前は使われなくなった葬儀場を借りて改装して使っていたのだそうです(Cliff Bの文章にそう書いてあった)。今は二階建ての割りと大きな建物を借りている・・のだか、買ったのかわかりませんが。

僕らが行ったのはDumberグループのオープンミーティングでした。これは普通の分かちあいのミーティングではなく、二人の講師役のメンバーがホワイトボードに図を描きながらステップの説明をする形式でした。講師役は昼間に僕らが研修を受けたラリーさんと、そのお弟子さんのデモーンさん。最前列はこの二人のスポンシーとおぼしき人たちで占められていました。会場には200~300人ぐらい集まっていたでしょうか。

さすがにAAミーティングの写真を撮るわけにはいきませんが、終わった後に許可をもらってホワイトボードを撮影しました。ステップ1の解説です。ジョー・マキューの本を読んでいる人ならおなじみの内容だと思います。基本はビッグブックに書かれたステップの話です。これを毎週やって、たくさんの人を集め続けているのだそうです。

ステップの話というリクエストがあったので簡単に書いておくと、ホワイトボードの図の左側は、シルクワース医師が「医師の意見」で述べたアレルギーを解説しています。アルコール依存症はアレルギーではないけれど、アレルギーとは「Abnormal Reaction(異常な反応)」を意味する言葉であって、アルコホーリクが酒を飲むと普通の人には見られない反応が起こります。それはアルコールの代謝に必要な酵素が不十分(Insufficent)だという体質が原因だと考えられており、中間代謝物の血中濃度の上昇がより多くの酒を求めるPhenomenon of Craving(渇望現象)を引き起こすと考えられています。飲めば飲むほど渇望は高まり、Well-Known-Spree(お決まりの飲んだくれ段階)に至ります。そして、アルコホーリクは飲みすぎを後悔して、もう二度と飲まないと決心して酒をやめます。右側へ移ります。

しかし、酒をやめたアルコホーリクはRestless(落ち着きがなく)・Irritable(いらいらが強く)・Discontent(不機嫌)な状態になります。その内面は、Resentment(恨み)・Fear(恐れ)・Seif-pity(自己憐憫)・Guilt and Remose(罪悪感と後悔)でいっぱいです。そんな状態を解消しようと、飲んでいっぺんにふっと楽になる(Ease and Comfort)感覚を再び体験せずにはいられない。そこで「多くのアルコホーリクは欲求に負けて飲み始め」、再びアレルギー反応(渇望現象)の餌食になります。

このように身体のアレルギー反応と、精神の強迫観念(とらわれ)の組み合わせによって、私たちアルコホーリクは飲酒をコントロールすることも、自力で再飲酒を退けることもできず、「アルコールに対して無力(Powerless)」なのです。

これだけ見ると堅い話なのですが、ジョークが多用されていて会場はしばしば大きな笑いに包まれていました。僕は通訳のSさんの声が聞こえるヘッドセットをホテルに忘れてきたのと、睡眠学習状態に陥っていたので、ジョークの中身は分かりませんでした。

日本のAAは「言いっぱなし、聞きっぱなし」の分かち合いミーティングばかりですが、あちらにはそうではない形式のミーティングがいろいろあります。確かに、ミーティングのやり方を制限するような決まりや伝統はAAにはありません。
c0001491_952457.jpg
会場の壁にはAAの発展に貢献した人たちの大きな(かなり大きな)写真が飾られていました。これはAAに関する有名な新聞記事を書いてくれたジャック・アレキサンダー。彼はAAメンバーではありませんが、他にはビル・Wやドクター・ボブその他の大きな写真もありました(他のメンバーが前に立っているので撮れませんでしたが)。

アラノクラブではAAメンバーの写真が(フルネーム入りで)掲げられているのは珍しくないことだそうです。ただしすべて故人です。どうやら故人については顔写真やフルネームを出さない(伝統11)という制限はなくなるようです。(亡くなると同時にアノニミティによって守るべきものが消失する)。そういえばそう書いてあった気がします。ビル・Wも亡くなると同時に、メディアに対して顔写真とフルネームが伝達された、というのは有名な話です。

アノニミティとは生きている間だけのことなのか。
c0001491_9524532.jpg
壁の掲示板。AAグループの催し物のお知らせなど。あるグループは夏休みに入って9月までミーティングがお休みになるとか、治療施設委員会(日本で言うメッセージ委員会)のメンバー募集とか。Dumberグループは49周年だそうです。
c0001491_9524445.jpg
階段の踊り場には大きなAAのロゴが・・・。

6/24 21:08, 21:10
[PR]
by kokoro-no-iede | 2013-09-10 09:56 | Alcoholics Anonymous | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokoiede.exblog.jp/tb/20717058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Southへ(その17・AAミ... Southへ(その15・リトル... >>