ホーム(ieji.org) >

台北旅行記(その26)
c0001491_18172973.jpg
南国らしい強い日差し。
黄色いタクシーとスクーター。台北の移動手段の象徴であります。


初日の夜でしたが、台北名物の「足つぼマッサージ」を受けました。
なんとなく夜の街をぶらぶらしていたら暇そうな店を見つけたので、思わず入ってしまったのですが、足を洗ってもらいながら気が付きました。「しまった、俺は今、水虫の治療中だ」
マッサージはまず左足から始まりました。ほとんど水虫に冒されていない左足をマッサージされながら、彼が右足のタオルを取り去った時に何と言うか心配していました。(料金半分でいいから左足だけかなぁ)などと思いながら・・・。
しかし店主は水虫の右足を見ても、顔色ひとつ変えるだになく、左足と同じように丁寧にマッサージをしてくれました。
(さすがはサービス業だなぁ)と感心しているところに、「肩もすごい凝っているようだが、全身マッサージもしないか」と言われたので、おもわず頼んでしましました。
結局1,500元も払ってしまいました。店主の勝ちでありましょうか?

(4月30日13時撮影)
[PR]
by kokoro-no-iede | 2005-06-13 18:19 | To get profit | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://kokoiede.exblog.jp/tb/2043510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たこ at 2005-06-14 06:38 x
僕が行ってる整骨医さんは、足裏のマッサージが無くなりました(×_×)
5本指靴下は、履き心地も良く、薬も効いて、良くなっている気がします。
空気が乾燥しているせいかもしれません。
<< 台北旅行記(その27) 収穫の季節 >>