ホーム(ieji.org) >

c0001491_15551324.jpg
長野県の雪の降り方には「北雪」と「南雪」があります。

北雪は冬型の気圧配置が厳しいときに、新潟に降る雪の続きです。日本海に低気圧が入った場合も同じです。さらさらとした細かい雪が降るのが特徴で、1月までに多いパターンです。

南雪は、春が近づいてきたときに降る雪で、太平洋側を低気圧が進んでいるときに降ります。関東・東海地方に降る雪の続きです。湿った雪がどっさり降るのが特徴。

ところが、異常気象なのか、近年では南雪が1月や、年末に降ったりします。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2004-12-30 18:00 | Rural Life | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokoiede.exblog.jp/tb/185073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 大雪 超級市場 >>