ホーム(ieji.org) >

わが家の母はビョーキです
c0001491_13201146.jpg
c0001491_13201628.jpg
わが家の母はビョーキです
中村ユキ/著

母親が統合失調症になった人のマンガ。

統合失調に興味があって買った本ではありません。
統合失調の症状の一つとして、ギャンブルやアルコールの乱用に陥ることがあります。それを依存症と診断するのは間違い。実際このマンガでも「ギャンブル依存症」と書かれていますが、やめるときはあっさりやめてしまって、その後ギャンブルはぶり返していません。また酒に溺れる姿も出てきますが、これもやっぱりアルコール依存症ではありません。(でも依存症と診断される人は多い)。

こういう人をAAや断酒会、あるいはGAなどでケアするのは本質的に間違いで、統合失調のケアをすればギャンブルも酒も収まるもの。酒の問題があれば何でもAA、断酒会、という機械的判断の戒めとなる例です。

本自体は、コマ割りが大きく30分で読め、統合失調を理解する良い本だと思います。
[PR]
by kokoro-no-iede | 2011-02-07 13:21 | Bookplate | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://kokoiede.exblog.jp/tb/15882087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2011-02-07 23:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< おおぼし 京都へ(その1) 豚そば >>